クリナップ株式会社

新対面プラン登場! 新「STEDIA(ステディア)」、2022年2月1日受注開始

#ものづくり #環境・エネルギー・エコ #生活関連技術

新対面プラン登場!  新「STEDIA(ステディア)」、2022年2月1日受注開始
クリナップ(本社:東京都荒川区 代表取締役 社長執行役員:竹内 宏)は、主力の中高級価格帯システムキッチン「STEDIA(ステディア)」をモデルチェンジし、2022年2月1日より受注開始します。

2018年のブランド刷新から、初の大規模モデルチェンジとなる新「STEDIA」のコンセプトは「理想の暮らしをがんばらずに」。近年、LDK一体型の間取りが人気で、対面キッチンのレイアウトが主流となるなか、理想とする「開放感があり、かつ、空間をきれいに保つキッチン」を実現させるために、新STEDIAに新しいアイテムが誕生します。“がんばらなくてもすぐにキレイになる”アイテムがいっぱい。TVやWebをミックスしてのプロモーションを開始いたします。

■『デュアルトップ対面』で、がんばらずに実現する憧れの対面キッチン
「キッチンは魅(み)せたいけど、手元は見られたくない」。開放的な対面キッチンを検討するうえでのこの悩みを解決したい、との思いで生まれた新しい対面プラン。これまでの対面システムよりも、更にデザイン性と開放感を高めました。対面側は主に3タイプ。特にデスクタイプは、テレワークや、補助カウンター等、多目的な使用が可能。各キャビネットの組み合わせも可能です。
・ポイント①:理想の空間を実現するデザイン性とキッチンに求められる機能性を両立。
・ポイント②:開放感がありながらキッチンへの視線は遮る最適段差。
・ポイント③:最適段差で、調理中の水や汚れが対面側に広がりにくく。
・ポイント④:憧れの対面キッチンでも、お求めやすい価格設定。
(スタイリッシュプラン:¥891,500~ /税抜き/I型257㎝/扉クラス5)

■『流レールシンク ワイドタイプ型』
作業中の水流でシンク内の細かなゴミも集めて排水口へ流す「流レールシンク」に間口90㎝のワイドタイプ型が新登場。
従来の間口60㎝、75㎝に加え、90㎝が新登場。洗い物がいっぱいでも、水切りカゴをつけても、水仕事スペースが十分確保できます。

■『美コートワークトップ』
しつこい油汚れもサッとひとふき。セラミック系特殊コーティング「美コート」を施した「美コートワークトップ」がSTEDIAに登場。
お掃除の手間を軽減し“いつもキレイ”をお手伝いします。

■『スライドパントリー』
リビングから見える背面収納も、食器や家電で雑多に見えがち。突然のお客様にも、大型扉をサッと閉じれば、すぐに隠してキレイな空間に。キッチン面材の扉で、空間をトータルコーディネートできます。
高さ2m36㎝の大型収納。上台、中台下台を自由に組み合わせ食器類やストック食品、家電、ゴミ箱まですっきり収納。

【お問い合わせ先】

クリナップ(株)
総務部 広報課
遠藤・小泉
TEL:03-3810-8241

クリナップ株式会社のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。