産学共同プロジェクト「感謝の気持ちをカタチにするデザインプロジェクト」

株式会社ESSPRIDE

投稿日:2011年12月13日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 食品・食材 ] [ 教育・人材 ]

産学共同プロジェクト「感謝の気持ちをカタチにするデザインプロジェクト」

企業のブランディングを手掛ける株式会社エスプライド(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:西川世一、03-3479-3610、以下エスプライド)は、バンタンデザイン研究所(所在地:東京都渋谷区、代表長澤俊二)との産学共同プロジェクト「社会に通用するデザイナーになる」で『感謝の気持ちをカタチにするデザインプロジェクト』を2011年9月より展開してまいりました。ここでは、学生達に日本の贈物文化をひもとき、お歳暮発祥の原点に戻って日本の贈物文化をデザイン面からとらえ「感謝の気持ち」を表現してもらいました。
 全6回のカリキュラムを経て、30名の学生に作品を制作していただいた結果、庄司貴子さん(グラフィックデザイン本科2年)の「あしたの卵」が最優秀賞を受賞しました。これは、そこに働くひとが高いモチベーションでいることを卵の形とインパクトで表現したデザインで、お歳暮に仕上げたものです。従来のお歳暮の概念を覆す、他にはない斬新なお歳暮ができ上がりました。今後は実際の商品化へ向けて、工場での製造過程などを体験していただく予定です。
 エスプライド代表取締役西川世一は「参加した学生の皆さんには、デザインが実際に商品となる制作過程まで体験できる機会を提供したかった」と語り、全社をあげて、今回の産学協同プロジェクトの綿密なカリキュラムを組みました。今後も同様の取組みを展開していく予定です。
 これを機に、ぜひこの新しい産学共同プロジェクトの試み、及び「あしたの卵」を取材していただけますようお願いいたします。

お問い合わせ先

株式会社エスプライド(エスプライドグループ)広報担当:木本美紅(きもとみく) 

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する