『日本が韓国に抜かれる日~韓流バブルは終わらない!?~』参加型トークイベント【リセンス学級会】開催

サービス分野: [ エンターテイメント ] [ アジア・新興国 ]

『日本が韓国に抜かれる日~韓流バブルは終わらない!?~』参加型トークイベント【リセンス学級会】開催

◇◆◇◆ 第18回リセンス学級会 ◆◇◆◇

『日本が韓国に抜かれる日~韓流バブルは終わらない!?~』

東方神起、KARA、少女時代、チャン・グンソク…
K-POP、“韓流” が日本の音楽シーン、エンタメ界を席巻、
オリコンチャートの歴史まで塗り替えました。韓国大衆文化が
日本で受容され、“差別意識”が徐々に薄れて、親韓ムード
高まったかにみえた一方で起きた「反韓流デモ」。

日本は今なお韓国を脅威に感じているのでしょうか。
日韓が抱えてきた差別vs被差別の歴史を乗り越え、未来志向の
新たな時代へ共に歩みを進めることはできるのでしょうか。
日韓関係の今後やいかに。

“日韓ポップカルチャー伝道師”として30年、両国の大衆文化
事情の変遷をつぶさに見つめてきたクォン・ヨンソク先生と
ともに、「近くて遠い国」日本と韓国、エンターテイメント交流の
“いま”について熱く語り合いませんか。

皆様、お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
 

***会場は外神田の『3331アーツ千代田
(1Fラウンジ)』です***


<講師> クォン・ヨンソク氏
(一橋大学大学院 法学研究科 准教授) 

1970年ソウル生まれ。
一橋大学法学部卒、同大学院法学研究科博士後期課程修了
(法学博士)。2008年より現職。専門は東アジア国際関係史。
日韓のポップカルチャーにも詳しい。著書に『「韓流」と
「日流」-文化から読み解く日韓新時代』(NHKブックス)
などがある。


◇◆「リセンス学級会」とは…◆◇

”RE-SENSE(リセンス)=新たな認識、価値観”を発信すること
を目指し、ブレイン・コミュニケーションズが企画主催する
参加型トーク・イベント。廃校になった学校の教室を会場に、
さまざまな分野からご専門家を講師としてお招きし、先生からの
問題提起を元に、40―50名の参加者がテーマについて討論、議論
を交わしていく”大人のホームルーム”です。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ 【RESENSE(リセンス)学級会】#18開催概要
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『日本が韓国に抜かれる日~韓流バブルは終わらない!?~』

●講師: クォン・ヨンソク氏
(一橋大学大学院 法学研究科 准教授)

●日時: 2011/12/12(月)19:00-20:30(開場18:30)
(~21:00まで延長の可能性あり)

***会場は前回とは異なりますので、ご注意ください***
      
●会場: 『3331アーツ千代田』 
(千代田区外神田6丁目11-14)http://www.3331.jp/access/

●参加費:2,500円  ***大学生は特別授業料1,500円にて***

A 生徒席(聴講・発言あり) ←お申込はお早めに…
B 参観席(聴講のみ)

※「意見を積極的に言いたい!」という方はA席をお申込みください。
※ A,B席とも軽給食・お飲み物つき。
※ 大学生を元気にするポータルサイト「ワンダーノーツ」
http://wondernotes.jp/)をご覧の大学生はA,B席とも特別授業料
1,500円にてご参加いただけますので、お申し出ください。

●ご参加/取材のお申込み:

株式会社ブレイン・コミュニケーションズ
TEL:03-3288-6981 FAX:03-3288-7307
担当:三田 mita@brain-communications.jp

ご参加希望の方は、お名前/所属/連絡先/ご希望の席をお知らせ下さい。ご取材いただける場合は、媒体名/ご担当者様のお名前/ご連絡先をお知らせください。


* 準備の都合上、キャンセルの際は12月9日(金曜)正午までにご連絡ください。以降のキャンセルについては恐縮ですが、参加費を請求
させていただく場合がございます。


* 本会の記録写真は弊社HPなどで広報素材として使わせていただくことがあります。当日はメディア取材等が入る場合もありますことを
合わせてご了承くださいませ。

お問い合わせ先

株式会社ブレイン・コミュニケーションズ
TEL:03-3288-6981 FAX:03-3288-7307
担当:三田 mita@brain-communications.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する