オーティコン・インティガ、ドイツにて「iFプロダクトデザイン賞 2012」を受賞

オーティコン補聴器

投稿日:2011年11月10日

サービス分野: [ その他(製品 (デザイン 受賞)) ]

オーティコン・インティガ、ドイツにて「iFプロダクトデザイン賞 2012」を受賞

100余年の歴史を持つ補聴器メーカー、オーティコン株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木下 聡、以下オーティコン)は、今秋発売した超小型ワイヤレス補聴器「オーティコン・インティガ」(以下、インティガ)が、国際的に優れたデザインに贈られる「iF Product
Design Award 2012」を受賞いたしました。

iFデザイン賞は、ドイツのiF International Forum Design GmbHが主催する、世界的に権威のあるデザイン賞です。iFデザイン賞は、見た目のみならず性能・使いやすさ・品質・環境への配慮など総合的に優れたものが評価され、授与されます。本年は世界48カ国から4000点の応募があり、その中から「インティガ」は本賞に相応しい製品として選ばれました。

オーティコンは、世界で最も長い歴史を有する補聴器メーカーの一つであり、世界初の耳かけ型デジタル補聴器をはじめ、ブルートゥース対応の娯楽端末とのワイヤレス接続を可能にしたオシャレな補聴器など、補聴器市場において数々の”世界初”を生み出してきました。

iFデザイン賞を受賞した「インティガ」は、初めて補聴器を装用する人がすぐに慣れ、その効果をすぐ実感できるように開発された画期的な補聴器です。機能や性能の高さはもちろん、見た目の美しさも兼ね備えており、初めて補聴器を装用する人にとってより抵抗なく使用することができます。また、ナノコーティング加工で汗や湿気にも強く、初めて補聴器を装用する人でもつけて“すぐ”変化を実感できる「スピーチガード」や「音空間認知機能」などさまざまな先進機能が搭載されています。

さらに、「インティガ」はワイヤレスシステムにも対応しており、専用リモ
コン「ストリーマー」を使用するとテレビ、電話、音楽プレーヤーなどの便利なハンズフリーのヘッドセットになります。ストリーマーをリモコンとしてボリューム調整やプログラムの切り替えに使用することも可能です。

■デザイン補聴器「インティガ」の製品詳細はこちらから
 http://www.oticon.co.jp/products/intiga/

「iF(アイエフ)デザイン賞」について
ドイツのハノーヴァーにある「iF International Forum Design GmbH」が
主催する「iFデザイン賞」は、1953年に創設され、半世紀以上の歴史がある世界的に最も権威のあるデザイン賞の一つです。交通・乗り物、コンピューター、オフィス/ビジネス、キッチン/家庭用品、医療/ヘルスケアなど、16カテゴリーから構成されており、例年、工業製品を中心に世界各国から多数の応募があります。iFデザイン賞は、デザイン品質、革新性、機能性、人間工学、環境への対応、安全性、ユニバーサルデザインなどの基準に基づき総合的に評価し、厳正に審査されます。受賞した企業やデザインスタジオは、製品やサービスの品質の象徴として「iF」ロゴを使用しています。


■オーティコン社およびオーティコン株式会社について
補聴器におけるパイオニアであるオーティコン社(Oticon A/S)は、ハンス・デマントにより1904 年にデンマークに創設されました。オーティコン社は世界で唯一の慈善財団が所有する補聴器会社であり、ウィリアム・デマント・ホールディング社の傘下にあります。その日本支社がオーティコン株式会社です。オーティコンの企業理念「ピープル・ファースト」とは、「聞こえに悩む人々を第一に考え、彼らが自由に伝えあい、自然にふるまい、そして活動的に生活できるように力づける」という信念に基づきます。オーティコン社は先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補聴器を開発し、業界のパイオニアとして、革新的な技術を難聴者と共に開拓してきました。
またオーティコン社は1977年に先進技術とオージオロジー(聴覚学)を研究するエリクスホルム研究所を設立し、世界中から参集した様々な分野の科学者と1,000 人以上のテストユーザーとともに将来の補聴器開発に取り組んでいます。
オーティコンは世界各国で補聴器、聴覚関連機器、医療機器の製造・販売を行っています。
http://www.oticon.co.jp

※文中に記載の名称は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ先】
オーティコン株式会社 マーケティング・セールスサポート部 
(担当:山口・渋谷)
TEL044-543-0615 FAX 044-543-0616 E-mail:info@oticon.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する