ITに疎い中小企業や街の商店等のネットメディア参入を支援する「中小企業活性化プロジェクト」をスタート

有限会社ケイズデプト

投稿日:2011年11月9日

サービス分野: [ コンサルティング ] [ その他(中小企業・商店の支援サービス) ]

web制作+システム開発をベースに中小企業向け広告の企画提案を行う有限会社ケイズデプト(代表:川崎 正人/本社:大阪府藤井寺市)は、ITに疎い中小企業・商店等のネットメディア参入を応援する「中小企業活性化プロジェクト」をスタートした。

同サービスは2つのサービスからなり、

"「みんビズ」応援サポートパック"は、2011年9月にGoogleから発表された「みんなのビジネスオンライン」を利用してホームページを開設する為のサポートを、実際に企業やお店に出向いて操作説明、写真撮影のコツ、コンテンツ企画のアドバイス等を行うというもの。
上級プランではさらに経験豊富なプロのwebデザイナーが独自のヘッダーバナーを制作してくれる。

もう一方"「ロコプレイス」おまかせサポートパック"は、2011年6月にスタートした「Yahoo! ロコプレイス」を利用する際に、経験豊富なwebディレクターが企業やお店の魅力を最大限に引き出す為のヒアリングやコンテンツ企画、制作代行までを一括して提供するといもの。
上級プランではヘッダーバナーやトップページのタイトル画像をプロのwebデザイナーが制作してくれる。

両プラン共に費用は19,800円(税込)/29,800円(税込)と低価格で、中小企業や商店の皆さんが参入しやすい価格に設定されている。

同社代表によれば

「資本力や規模メリットで市場の優位性を持つ"大手"に対抗するには、独自性や営業ポリシーをもっと広く"拡散"することで、自社(自店)のファンを増やす必要がある。ことITやネットメディアに関しては(企業や商店の)後継者が減少していることも手伝い、なかなか"IT"という"ストリーム"に参入出来ずにいる現状がある。ネットが持つ"可能性" "利便性" を未だ活用できていない中小企業や商店が多く、ここにも"ITディバイド(格差)が発生している事実は非常に残念」

さらに

「せっかくGoogleやYahoo! が便利なツールを発表しても、"始める"ということ自体がハードルになってしまっているケースが多く、誰かがその"ハードル"を取り外す手伝いをしなければ何も変わらない。その役割を当社が担っていきたい。」

と語る。



中小IT企業が提案する中小企業為のプロジェクト。

「先ずは参入すること」から始まるのかもしれない。

お問い合わせ先

info@ks-dept.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する