「ショートフィルム×オンライン研修」組織のコミュニケーション課題を解決するサービスを提供開始

株式会社インソース

投稿日:2021年4月26日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ] [ その他(研修) ]

「ショートフィルム×オンライン研修」組織のコミュニケーション課題を解決するサービスを提供開始

 「教育」と「IT」の力で組織の課題解決を支援する株式会社インソース(本社:東京都荒川区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200)グループのミテモ株式会社(本社本部:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田哲也、以下「ミテモ」)は、株式会社ビジュアルボイス(東京都渋谷区、代表取締役:別所哲也、以下「ビジュアルボイス」)と共同で、ショートフィルムを用いた企業向け対話型オンライン研修プログラム「Talk Twice(トーク・トゥワイス)」を開発し、提供を開始したのでお知らせいたします。

<サービス概要>
ーーーーーーーーーー
人数:10名~30名程度
ーーーーーーーーーー
テーマ:自由に設定可能
ーーーーーーーーーー
時間:2.5~3時間程度
ーーーーーーーーーー
費用:44万円(税込)~
ーーーーーーーーーー
対象者:自由に設定可能
ーーーーーーーーーー

<開発の背景や想い>
 昨年より新型コロナウイルス感染防止等を目的としたリモートワークが急激に普及してきました。それに伴い、同じ空間・同じ時間の共有の機会が減っています。
 ミテモとビジュアルボイスは、そんなリモート環境におけるコミュニケーションの課題を克服するため、LEGO® Serious Play®などユニーク且つ教育理論に基づいた効果的な研修を開催してきたミテモの研修設計と、映画祭と連動することでビジュアルボイスがライセンスしている世界各国の多様なショートフィルムコンテンツを組み合わせたオンライン研修を開発しました。ショートフィルムは20分ほどの時間に発見や驚き、感動、共感といった映画体験ならではのエッセンスが濃縮されています。

※内容の詳細は以下URL先からご確認ください
 https://www.mitemo.co.jp/service/shortfilm_workshop/

■株式会社ビジュアルボイス 企業概要
 米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジアのグループ会社として、世界のクリエイターと企業・団体の課題をつなぎ、新たなビジネスソリューションを創造している。
代表者: 別所哲也(代表取締役)
Webページ: https://v-voice.jp/

■ミテモ株式会社 企業概要
 株式会社インソース(東京本部:東京都荒川区、代表取締役社長:舟橋孝之、証券コード:6200)グループ。レゴを用いたLEGO®Serious Play®ワークショップやSDGs 2030カードゲームなどユニークかつ価値観の変容につながる企業研修をリアル/オンライン問わず数多く提供する。また、場づくりのノウハウを活かし、地方創生におけるプロデューサー育成やオンライン・クラフト・マーケットのプロデュース等にも取り組む。
代表者: 澤田哲也(代表取締役)
Webページ: https://www.mitemo.co.jp/

 当社およびミテモは今後も、実践的で、付加価値の高い教育サービスのラインナップを充実させ、日本の企業や組織の生産性向上に取り組み続けます。

お問い合わせ先

【お問合せ先】株式会社インソース https://www.insource.co.jp/index.html
(取材・広報に関して) 社長室(安藤・石渡) TEL:03-5577-2283
(サービス内容に関して) ミテモ株式会社(待井) TEL:03-4572-0407

 
プレスリリースオンライン無料個別相談
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する