ENEOS株式会社、AIチャットボット「KUZENアシスタント」で社内コミュニケーションを自動化

株式会社コンシェルジュ

投稿日:2021年3月10日

サービス分野: [ IT技術 ]

ENEOS株式会社、AIチャットボット「KUZENアシスタント」で社内コミュニケーションを自動化

ノーコード対話AIプラットフォーム「kuzen(クウゼン)」を開発する株式会社コンシェルジュ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:太田 匠吾、以下コンシェルジュ)は、石油製品の精製・販売をはじめ多様な事業を展開するENEOS株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大田 勝幸、以下ENEOS)根岸製油所で、社内ヘルプデスクの自動化に特化した高機能AIチャットボット『KUZENアシスタント』の提供を開始しました。

■『KUZENアシスタント』導入の背景
根岸製油所では、社内業務関連の問い合わせが数多く発生しており、メールや電話対応などバックオフィスの業務負担が課題となっていました。
このような背景から、根岸製油所では、社内で発生する多様な問い合わせに自動で対応する社内アシスタントAIチャットボット「KUZENアシスタント」を導入、問い合わせの一部を自動化することで、従業員が生産的な業務に集中できる環境を整備し、社内の業務効率化と生産性向上を図ります。

■『KUZENアシスタント』の特長
1.ノーコードでスピーディに会話シナリオを構築
社内ヘルプデスクは基本的に様々な部署の問い合わせを一括管理するケースが多く、関与する方も複数の部署の方がアクセスすることが前提になります。
また、大手企業になるほど業務プロセスが複雑になり、構築・チューニングに時間を要します。
KUZENアシスタントはノーコードでシナリオを構築・変更・追加が即時にできるため、プログラミング知識がない方でも直感的に操作することが可能な管理画面を提供しております。
また、自然言語処理技術については独自の言語モデルを構築し、AIチャットボット利用者の発言の表記揺れや類義語の認識にも高精度で対応します。

2.学習機能で正答率を向上
AIチャットボットは導入初期における運用メンテナンスがその後の継続利用において非常に重要になります。KUZENアシスタントでは、学習機能を用いて回答の精度を高める運用をカスタマーサクセス部隊が手厚くサポートする体制を提供しております。質問に対する正答率、ユーザー満足度をKPIとして定点観測することで、社内になくてはならないアシスタントとして貢献することを目指します。

3.手厚い導入支援サポート
AIチャットボットを初めてご検討される場合、すべてを自社で対応することは非常に工数を要します。
コンシェルジュでは、質問回答データのご提供、初期サンプルデータの準備、他システムとのAPI連携、管理画面のトレーニングなど導入に向けてスピーディに、かつ手厚くサポートする体制を整えております。


『KUZENアシスタント』 サービスページ
URL:https://www.kuzen.io/assistant.html

▼コンシェルジュについて
ノーコード対話AIプラットフォーム「kuzen」の開発・販売を行うスタートアップ企業です。 カスタマーサポート、 マーケティング領域などにおいてAIによる自動応答、複雑な自然言語処理などの技術を活用したAIチャットボットを提供しています。

▼会社概要
会社名: 株式会社コンシェルジュ
設立: 2015年2月
代表取締役 CEO: 太田匠吾
所在地: 東京都千代田区神田三崎町3-8-5 千代田JEBL 6F
事業内容: ノーコード対話AIプラットフォーム「kuzen」の開発・販売・運用
連絡先: info@conciergeu.com
製品URL: https://www.kuzen.io/
会社URL:https://corp.conciergeu.com/

お問い合わせ先

株式会社コンシェルジュ
URL:https://corp.conciergeu.com/
メールアドレス:info@conciergeu.com

 
プレスリリースオンライン無料個別相談
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する