銀座の飲食店で人気の消毒液「銀座肌78°」2月1日から全国販売がスタート

合同会社GMT

投稿日:2021年1月30日

サービス分野: [ 環境・エネルギー・エコ ] [ 食品・食材 ] [ その他(美容、衛生) ]

銀座の飲食店で人気の消毒液「銀座肌78°」2月1日から全国販売がスタート

合同会社GMT(東京都港区)(※1)は合名会社崎元酒造所(沖縄県与那国島)(※2)が製造した泡盛から作られた高濃度エタノール「銀座肌78°」を銀座の飲食店を中心に販売していましたが、広く全国からお取り寄せいただけるよう、オンラインストアを開設しました。

●「銀座肌78°」オンラインストア: https://ginza-hada.com/

「銀座肌78°」は、崎元酒造所が伝統的な製法で手作りした泡盛をさらに蒸留して作った高濃度エタノール(※3)です。本製品は、新型コロナウイルス感染防止の対策を迫られていた銀座の飲食店で働く人々に向けて商品化したものです。原材料は米と黒麹のみであり、寿司など食材を直接扱う人から、食品由来の消毒液なので安心して使えると好評いただいています。また麹の効果(※4)で肌にやさしく、頻繁に手指の消毒をして肌荒れに悩んでいた店員さんや医療従事者の方にも喜ばれています。
ボトル・パッケージは、高級店が多い銀座界隈で、店先においても違和感のない洗練されたデザイン(※5)を採用しています。

商品の輸送にあたっては「高濃度エタノール」であることから様々な規制があり、これまでは東京銀座でのみ販売していました。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の勢いが収まらない中、いつでも購入できるようにしてほしい、親しい人にプレゼントしたいという要望にお応えし、オンラインストアをオープンして全国に向けて販売できるようにいたしました。
店頭のみならず、ご家庭での手指消毒や食器・調理器具等の消毒にもぜひご活用ください。

※1 合同会社GMT: 食料品、飲料品、酒類の販売及び卸売並びに輸出入
 ( Webサイト: https://ginza-hada.com/policies/legal-notice

※2 合名会社 崎元酒造所: 日本最西端の与那国島で最も古い酒造所。現在も伝統的な製法を守って手作りで泡盛を製造している。( Webサイト: https://www.sakimotoshuzo.com/ )

※3 本製品は、厚生労働省が推奨する、希釈せずに消毒効果が最も得られるというエタノール濃度70~83%の範囲に合致しております。医薬品や医薬部外品ではありませんが、消毒用エタノールの代替品として、手指消毒に使用することが可能です。
( 参考:厚生労働省事務連絡 https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000648056.pdf )

※4 麹の効果: 肌にやさしいと評判。麹に含まれる美肌成分が期待される。

※5 パッケージデザイン: CM、ポスター、新聞雑誌など広告宣伝物の企画から制作まで手掛けるアートディレクター金田有記氏が担当。

■「銀座肌78°」製品情報
品名|銀座肌78°
アルコール分|78度
内容量|300ml
サイズ|66 x 66 x 270mm (化粧箱)
原材料|原料用アルコール(米こうじ/沖縄県産黒麹使用)
価格|2,700円(税別)

■ 製造者
合名会社 崎元酒造所
沖縄県八重山与那国町字与那国2329

■ 販売者
合同会社GMT
東京都港区新橋四丁目9番1号新橋プラザビル307

■ 問合せ先
合同会社GMT 販売事務所
東京都千代田区六番町6-1-402
電話番号:03-3556-8551 (携帯電話:090-3913-0596(担当:秦))

■「銀座肌78°」Webサイト
オンラインストア: https://ginza-hada.com/
公式Facebook: https://fb.com/ginzahada/
公式インスタグラム: https://www.instagram.com/ginzahada/
公式Twitter: https://twitter.com/ginzahada

<商品に関する参考情報>

■ 何故、この商品を作ったか
▶ 2020年3月以降、新型コロナウイルス感染拡大を受けた外出自粛の影響により銀座の飲食店は壊滅的だった。消毒液もなかなか手に入らなかった
・ 医師より、消毒液でコロナウイルスを死滅させるにはアルコール度数が70度から83度で15秒間必要だと聞いた。
 ( 参考:厚生労働省事務連絡 https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000648056.pdf )
・ ウォッカのスピリタスは93度ですぐに揮発してしまう。
・ 何度も手指消毒をして、手が荒れたり消毒液が染みて痛いと悩んでいる女性の声をヒントに商品化した。
▶ 高級食材を扱うお店や、頻繁に手指の消毒が必要な人が安心して使えるものが必要
・天然素材100%であることで食品を使う飲食店さんに向いている。
・ 麹の効果で、頻繁な手指消毒でも肌にやさしい。
・ 泡盛は米と黒麹が原料で、酒造りの人は肌が綺麗というので、肌に優しいのではないか。
・ 石油由来ではないのが、飲食店にもよいのではないか。

■ 何故、与那国島の泡盛を選んだのか
▶ 古より愛用された与那国島の泡盛
・ 沖縄の与那国島にアルコール度数が強い泡盛があり(アルコール度数が60°)、日本の酒税法上はスピリッツに分類されている。
( 参考サイト: https://tanoshiiosake.jp/3512
・ 与那国島では昔からこの泡盛を傷薬や化粧水として使っていた。
・ この泡盛をさらに蒸留したら良いアルコール消毒液が作れるのではと考えた。

■ お客様の声
▶ 気に入ってリピーターになってくれる人が多い
・ これを待ってました。お酒なので肌荒れの心配もなく、食用なので寿司屋の手の消毒には抜群です。(鮨からく(銀座/江戸前寿司店))
・ 多くの社交飲食業が立ち並ぶ銀座の街で働くひとにおすすめしたい商品です。(一般社団法人銀座社交料飲協会(GSK))
・ 肌に良くて付けた後さらさらしていて気に入っています。(看護師)
・ 甘酒のようなよい香りに癒されています。(50代女性)
・ 手肌は滑らかになりツルツルするし、化粧水に混ぜて顔にコットンパックするとツヤツヤになります。肌に馴染んでとっても気持ちいいです。他の消毒液は手荒れやヒリヒリするので使えません。(30代女性 事務職)

■ 商品開発、商品の特徴
▶ 歴史ある酒造所とタッグを組んで商品開発を行った
・ 伝統的な製法で作られたアルコール度数の高い泡盛をさらに蒸留し、アルコール度数を高めた。
・ 同時に泡盛独特のにおいも抑えられ、ほのかな甘酒のような香りになった。
▶ 食器や食品の消毒にも使える
・ 食品由来なので、手指消毒だけでなく、食器や調理器具の消毒にも使用できる。
・ 飲食店だけでなく、家庭でも利用の幅が広い。
▶ 高級店が多い銀座界隈で、いわゆる業務用ではく、店先においても違和感のない洗練された商品を目指した
・ 化粧品のような洗練されたデザインで、消毒液が生活空間にあってもストレスがないデザインを目指した。
・ 容器は安定感を保ちつつ、ほっそりとしたボトルを採用。
・ パッケージデザインは、CM、ポスター、新聞雑誌など広告宣伝物の企画から制作まで手掛けるアートディレクター金田有記氏が担当。
・ ラベリングには和紙を使い、伝統を感じさせつつも、白地にゴールドを配置し高級感を持たせたデザインを採用。
・ インテリアとしても部屋の雰囲気を美しく引き立てるデザインとなっている。
▶ 銀座から生まれた商品なので、商品名に「銀座」をつけた
・ 「銀座肌」とアルコール度数「78°」を合わせて「銀座肌78°」と命名
▶ 大切なひとに消毒液を贈るという新しいスタイルを提案
▶ 商品を通じて「安心」だけでなく、洗練された商品で「笑顔」溢れる毎日を提供したい

■ 販売先
▶ 銀座の飲食店を助けたい。また、頻繁に手指消毒をする必要のある業種の方に届けたい
・ 一般社団法人 銀座社交料飲団体(会長:保志 雄一氏):銀座地区で組織する社交飲食業の経営者による同業者組合。( Webサイト: http://gsk.tokyo/ )
・ 飲食店で調理する人、配膳・接客する店員さん
・ 特に寿司屋の板前さんは原料が米麹だから喜んで寿司を握る度に使っている
・ 高級志向の方や店舗での利用
・ 医師、看護師さんにも好評
▶ 家庭でも感染症対策に利用してもらいたい
・ 手荒れに悩んでいる方
・ 家庭内感染予防のため、食器や食品にも消毒液を使いたい方
・ 受験生をお持ちのご家庭
※ アルコールの利用方法についての参考資料: 「アルコールの基礎知識Q&A」
(一般社団法人アルコール協会) http://www.alcohol.jp/general/riyou.pdf

■ 保管・輸送状の規制
▶ 高濃度エタノールは保管や輸送の規制が大変厳しいため、当初は銀座内でのみ配達していた
・ 70度を超えると危険物扱い → 消防法上、一日に作れる量が限られている。
・ 保管の問題 → 60度以上のアルコールを置けるのは通常の倉庫のでは量に制限がある。
・ 輸送の規制も厳しい → 飛行機での輸送は禁止されており、船便のみ。また、対応可能な宅配業者が限られる。
▶ そのため銀座近辺でのみ販売していたが、配送の体制を整えオンラインストアを開設し、全国の需要に応えられるようにした。

■ 同種の商品の動向について
・ 新型コロナ第一波の時期、消毒用エタノールの製造が追いつかず、酒類の高濃度アルコールの販売許可が下りたが、プラスチック製のポンプの品薄も重なり、全国的に供給不足が深刻化していた。また、医療機関や介護施設に優先的に販売され、一般消費者が購入できる小売店での品薄が続いていた。
・ その後、花王など大手メーカーが消毒用エタノールの大幅増産し、また多くの酒造メーカーが高濃度アルコールの販売を開始したことから、8月の現時点では徐々に店頭に並ぶようになってきた。
・ ただ、市場で出回っている消毒用エタノールは、希釈せずに厚生労働省が推奨する消毒効果が最も得られるというエタノール濃度70~83%の範囲でないものもある。「銀座肌78°」は、エタノール濃度78°であり、優位性がある。

■ 価格
・ 「高濃度エタノール」製品については免税となっている。
( 参考:新型コロナウイルス感染症に関する対応等について|国税庁
  https://www.nta.go.jp/taxes/sake/kansensho/index.htm

■ 今後の展開
・ 今後、持ち運びにも便利なスプレー式ボトルの商品を開発中。

お問い合わせ先

<当プレスリリースに関するお問い合わせ先>
合同会社GMT(担当:秦)
電話:03-3556-8551(携帯電話:090-3913-0596)
FAX:03-3556-8551
メールアドレス: info@ginza-hada.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する