公開講座 2020年11月人気ランキング発表

株式会社インソース

投稿日:2020年11月17日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ] [ その他(研修) ]

公開講座 2020年11月人気ランキング発表

◆階層別の人気研修TOP5◆

年間9,618回(2019年10月~2020年9月)の公開講座を実施する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)はこの度、20年11月の「公開講座 人気ランキング」を発表いたしましたので、お知らせします。
当社の公開講座は、2,800種類以上(2020年9月時点)の豊富な研修カリキュラムを揃え、オンライン型、来場型共に多数開催しております。2020年4月よりサービスを開始したオンライン型も幅広い業種のお客さまより好評いただき、新しい研修スタイルとして確立されました。
この度、管理職向け、中堅・ベテラン向け、若手・新人向けの3階層毎に人気の研修テーマをランキング形式で発表いたしました。

<管理職向け 人気ランキング>※来場型・オンライン型含む        
-----------------------------------
順位:1位
研修名:新任管理職研修~自信を持ってマネジメントを始める編(2日間)
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_new_kanrisyoku.html
-----------------------------------
順位:2位
研修名:段取り研修~管理職としての基本的マネジメントスキルを理解する
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_kanrishoku1.html
-----------------------------------
順位:3位
研修名:管理職向け研修~マネージャーとしての課題を整理する
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_genninkanrisyoku.html
-----------------------------------
順位:4位
研修名:怒りのマネジメント研修~怒りの感情をコントロールし、部下指導を行う
    https://www.insource.co.jp/bup/bup-anger-management.html
-----------------------------------
順位:5位
研修名:プレイングマネージャー研修~時間・チーム・リスクをマネジメントし、走りながら成果を出す
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_playing-manager-management.html
-----------------------------------

1~3位は「新任管理職研修」「段取り研修」「管理職向け研修」といった管理職向けの定番研修がランクインしています。4位には2019年の新作研修「怒りのマネジメント研修」がランクインしています。同研修は、「怒りの感情のコントロール」に注目した研修となっており、職場のハラスメント防止対策の一環として管理職層の受講が増加しています。部下指導を行う上で怒りを感じやすい場面や、普段の行動をご自身で振り返り、感情をコントロールするスキルを身に付けていただく内容です。また、部下指導でお悩みの方にもおすすめの研修です。

<中堅・ベテラン向け 人気ランキング>※来場型・オンライン型含む
-----------------------------------
順位:1位
研修名:中堅社員向けオーナーシップ研修~当事者意識をもって、周囲に働きかける存在になる
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_chuken_ownership.html
-----------------------------------
順位:2位
研修名:財務基礎研修
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_zaimu.html
-----------------------------------
順位:3位
研修名:コーチング研修~部下の主体性を引き出すスキルを習得する
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_jishucoaching.html
-----------------------------------
順位:4位
研修名:4SHIP研修~視座を高め、組織的に活躍するための4つのシップ
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_chuken_activity.html
-----------------------------------
順位:5位
研修名:リーダーのためのアサーティブコミュニケーション研修
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_assertive-com-leader.html
-----------------------------------

1位は「中堅社員向けオーナーシップ研修」、4位は「4SHIP研修」がランクインしています。中堅社員に求められる、当事者意識や組織に貢献する意識、上司・部下・チーム・他部署との関わり方を学ぶ研修です。中堅社員としての役割認識を再確認いただき組織力強化につなげたいというニーズがうかがえます。2位の「財務基礎研修」は、今年5月以後にお申込みが急増した研修です。新型コロナウイルスの感染拡大は企業の業績に大きな影響を与えており、中堅社員層にも会社の数字を正しく理解し、コスト意識を今まで以上に求める社会背景があると考えられます。

<若手・新人向け 人気ランキング>※来場型・オンライン型含む
-----------------------------------
順位:1位
研修名:タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_sonota8.html
-----------------------------------
順位:2位
研修名:分かりやすい説明の仕方研修
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_directions.html
-----------------------------------
順位:3位
研修名:ビジネス文書研修
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_bunsho1.html
-----------------------------------
順位:4位
研修名:Microsoft Office研修~Excel応用編
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_excel_levelup.html
-----------------------------------
順位:5位
研修名:ファシリテーション研修
    https://www.insource.co.jp/bup/bup_kanrishoku9.html
-----------------------------------

2位の「分かりやすい説明の仕方研修」、3位の「ビジネス文書研修」は、リモートワークの普及にともない、昨年以上に申込が急増している人気講座です。リモートワークという顔がみえない環境下でオンライン会議やメールでのコミュニケーションが必然的に増え、お互いの意思疎通が難しくなりました。対面時以上にコミュニケーションの目的・意図を明確にし、相手にとって分かりやすい文書を書く・伝えるスキルが必要です。ご自身がリモートワークではない方でも、現在オンラインでの取引が一般になりつつあり、全ての方に必須のビジネススキルといえます。


オンライン型は全国47都道府県からの参加実績があり、1名様からご参加が可能です。
また当社の公開講座では、7つの感染症対策を徹底するとともに、「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示し、来場型での開催も引き続き行っております。

■新型コロナウイルス感染症への対策について
https://www.insource.co.jp/bup/info_virus_prevention.html

<サービス概要>
-----------------
名称:公開講座
-----------------
お申込み方法:当社Webページ、WEBinsourceよりお申込みください
-----------------
提供価格:
通常価格
1日あたり 26,400円~(税込)
組織課題を解決する、共通ポイント「スマートパック」
1日あたり 13,200円~(税込)
※当社主催公開講座で最もスタンダードな10:00~16:45実施の研修の場合
-----------------

当社では、今後とも社会情勢の変化に柔軟に対応し、最善のサービスを提供してまいります。

お問い合わせ先

【お問合せ先】株式会社インソース https://www.insource.co.jp/index.html
(取材・広報に関して) 社長室(稲田・西) TEL:03-5259-0070
(サービス内容に関して) 公開講座部(板垣・石田) TEL:03-5259-0071

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する