マスクしたまま顔認証&ゼロ接触検温で入退場管理。新型コロナ感染拡大を予防する高性能セキュリティゲート

株式会社 大倉

投稿日:2020年6月5日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 環境・エネルギー・エコ ] [ 生活関連技術 ]

マスクしたまま顔認証&ゼロ接触検温で入退場管理。新型コロナ感染拡大を予防する高性能セキュリティゲート

■非接触での検温と、マスクをしたままの顔認証が可能なHESTA AI Security Gate

発生以来、国内外で猛威をふるう新型コロナウィルス。発熱は新型コロナウィルス感染症の症状の1つとされており、感染拡大予防対策として、さまざまな施設で入館時の検温がおこなわれるようになりました。

しかし従来の体温計による検温では、体温計の受け渡し時に接触が発生する、1件ごとの検温に時間がかかる、あとから確認できる記録を残しにくいといった問題点が多くあります。

HESTA Security Gateでは非接触での検温と、マスクをしたままの顔認証、認証データの確かな記録が可能なため、そうした従来の問題点を解決することができます。

■HESTA AI Security Gate ソリューションの強み

●高性能のサーモグラフィーで温度測定精度±0.2度を実現
温度測定範囲は30~45°C 、±0.2°C という高い温度測定精度を実現しました。異常が見られる方が通過される際には音声アラームで通知、入場を制御することもできます。

●マスクをしたまま顔認証+勤怠管理までワンストップ
マスクをしたままでも高い精度での顔認証が可能。指紋認証など接触型の勤怠管理装置と置き換えればより衛生的で適切な管理が可能となります。

●音声と視覚によるアラートが可能 (※ドアゲート連携の場合)
ドアゲートとの連動タイプでは、異常を感知した際に光と音、ダブルで通知します。
近くにいる人はもちろん、ゲートが見える範囲であれば少し離れた場所まで同時に異常を知らせることができ、スピーディな対応につながります。

●3万人分のデータを記録でき、2次感染の防止に役立てられます
入場者のデータは自動的に保存され、2次的な活用が可能。
あとから感染が確認された入場者などがいた場合、何時から何時まで施設を利用したかや接触した人数の確認ができ、感染拡大予防に役立てられます。

また、上記のような機能はいずれも施設の特徴や利用シーンにより、組み合わせて最適なソリューションとして導入することができます。

<活用イメージ>
・医療機関や公共の交通機関
マスクをしている人が多い医療機関や公共の機関であっても、マスクを外さずにスピーディな顔認証が可能となります。同時に複数の人をスピーディに検温できるため、混雑の解消と3密回避にもつながります。また、マスクを外さないので顔に触れる回数も軽減でき衛生的。
感染者が発生した場合には、顔認証データの記録・分析によって、濃厚接触者を特定することも可能となります。

・学校やオフィスビル
関係者以外の敷地内立ち入りを制御したり、体温に異常がある人物を確認し、アラームで通知することができます。既存のシステムと連携すれば、検温と同時に入退室・勤怠管理などを行うことができます。

・飲食店/スーパーマーケット/商業施設 など
不特定多数の人が出入りするような施設でも、入り口に設置することで無人での検温や入場制御が可能となります。入場者の顔認証データを記録しておくことで、2次調査への応用や将来的な商業活用も見込めます。

■HESTA AI Security Gate 製品ラインナップ
さまざまな施設に導入できるよう、複数のタイプをご用意。利用シーンや目的に応じて、形状をお選びいただけます。詳しくは公式HPをご確認ください。

http://hesta-smartcity.com/healthcare/securitygate/

大倉では、年内までに国内10,000施設への導入を目指す方針です。

<株式会社大倉について>
https://www.okura.co.jp/new/
http://hesta-smartcity.com/healthcare/securitygate/
【会社名】株式会社 大倉
【本社】大阪市北区天神橋2丁目北2番11号
【設立】昭和39年1月
【資本金】30億円
【代表取締役】川合 南都子

お問い合わせ先

■本リリースに関するお問い合わせはこちら
株式会社大倉/スマートシティ事業部
E-mail: smartplus@okura.co.jp
URL:http://hesta-smartcity.com/healthcare/securitygate/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する