NMRパイプテクター®-NMRPT-のウィッティントン病院への導入事例

日本システム企画株式会社

投稿日:2020年5月22日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 特殊技術・特許 ] [ その他(配管防錆) ]

NMRパイプテクター®-NMRPT-のウィッティントン病院への導入事例

==================
ウィッティントン病院への導入事例-連載第1回-

◆水道管も劣化する
築年数が経過すると、どうしてもいろいろな建物設備が劣化してきます。
私たちの生活に欠かせない配管も長年同じものを使い続けていると、どうしても劣化を起こします。
例えば、蛇口をひねると赤く変色した水が出てくるのであれば、赤錆が水道水に溶けだしているため要注意です。
そのままにしていると配管が詰まったり、腐食が進み水漏れを起こしたりするかもしれません。
このような赤錆に対して効果的なのが、NMRパイプテクター®です。
世界中で導入事例のあるNMRパイプテクター®ですが、ここでは英国ウィッティントン病院のケースについて紹介します。

◆実例・ウィッティントン病院のケース
ウィッティントン病院とは英国、ロンドンにある病院です。
どのような病院かについてここで見ていきます。

◆ウィッティントン病院の概要
ウィッティントン病院とは、ロンドン北部では最大規模の医療機関のひとつです。
地域の中核病院として機能していて、ハイゲイト・ヒルに設立されました。
ウィッティントン病院は1860年代に建設された、歴史ある医療機関です。
当時近隣にあった3つの病院を統合することで設立されました。
ちなみにその中でも最も古い病院は現在、天然痘病棟です。
1745年に設立された医療機関でその名の通り、天然痘患者の収容や種痘接種を目的に作られました。
1855年に発生した天然痘の大流行時には1000人を超える患者を受け入れた病院としても知られています。

◆ウィッティントンの猫が出迎える
ウィッティントン病院の近くには猫の彫刻があります。
これは「ウィッティントンの猫」と呼ばれるもので、伝説に基づく作品です。
その昔、ディック・ウィッティントンという貧しいみなしごがいました。
彼は貿易船で仕事をしていたのですが、彼の飼っていた猫がネズミ退治で活躍しました。
そこで「猫を貸してくれないか?」という注文が相次ぎ、彼は大金持ちになったという話です。
ちなみにウィッティントン病院のロゴマークも猫です。

ウィッティントン病院の歴史や概要についてお分かり頂けましたでしょうか。次回はNMPパイプテクターを導入したいきさつについて詳しく紹介します。

==================
ウィッティントン病院への導入事例-連載第2回-

◆はじめに
前回はウィッティントン病院について詳しく見ていきました。
ロンドン北部の中核病院として、重要な役割を果たしています。
今回はNMRパイプテクター®の導入が決まるまでの背景や特徴についてみていきます。

◆給湯配管が劣化
ウィッティントン病院は1860年代に建設されたこともあって、建物の老朽化が進んでいました。
給湯配管も前回に配管更新されてから、およそ30~40年程度経過していました。
簡易手術室や管理室、無菌室の配管は亜鉛めっき鋼管を使用しています。
こちらが劣化して、毎朝赤水が発生するようになりました。
このままでは水道管の詰まりや腐食による水漏れなどの発生するリスクが高く、NMRパイプテクター®を導入することになりました。

◆NMRパイプテクター®とは
NMRパイプテクター®は配管内で発生する赤錆を防止する装置です。
また既にある赤錆を黒錆に還元します。
黒錆は鉄の表面に緻密な皮膜を形成することで、鉄を赤錆から守ることができ、南部鉄瓶や中華鍋などで表面をコーティングする為に使用されています。

◆圧倒的な実績を誇る
NMRパイプテクター®は発売されて25年以上がたちますが、多くの施設にてご好評頂いており、2020年の時点で導入実績数が4,200棟を突破しているほどです。
マンション以外でも、国内外問わず、行政施設や公共施設、商業施設など多種多様な建物で使われています。
配管の種類にも柔軟に対応していて、給水・排水配管のほかに空調冷温管、冷却配管、給湯配管にも使用可能です。

◆即効性
NMRパイプテクター®は、より早い段階で効果を実感できる点もおすすめポイントです。
最短で1か月以内で効果を確認できたというお客様からの声もしばしば聞かれます。
赤水などで悩まされていて、できるだけ早く現在の問題を解消したいという人にはおすすめです。
実際に今回紹介しているウィッティントン病院でも、設置後すぐに効果が立証されています。
ではどのような結果になったのか、次の連載で詳しく見ていきましょう。

==================
ウィッティントン病院への導入事例-連載最終回-

◆はじめに
ウィッティントン病院でNMRパイプテクター®を導入した事例の連載最終回です。
これまでウィッティントン病院とNMRパイプテクター®について説明してきました。

最終回ではウィッティントン病院がNMRパイプテクター®を導入した結果について詳しく検証していきます。

◆NMRパイプテクター®の設置結果
ウィッティントン病院では、NMRパイプテクター®の設置前、夜間滞留しているお湯の鉄分値は1リットル当たり7.3㎎でした。
イギリスの水道法に基づく水質基準値は1リットル当たり0.2㎎ですから、基準値の36倍以上と大幅に超えていることがわかります。これにより配管内の赤錆腐食が大変進んでいる事が分かりました。
しかしNMPパイプテクターを設置したところ、19日後には0.4㎎にまで減少しました。
設置前の数値と比較すると、95%弱減少した形です。
さらに設置から29日後には、1リットル当たり0.08㎎とさらに減少しました。
先ほど紹介した水質基準値を大きく下回るレベルにまで改善したことがわかります。
この結果より、新規での赤錆発生が完全に防止され、赤水が発生することもなくなり、給湯配管が長期延命された事が立証されました。

◆建物寿命まで配管を使用可能に
もともとウィッティントン病院では赤錆による給湯配管の劣化を防止して、40年以上延命することを目的で導入しました。
そしてNMRパイプテクター®を設置したことで、配管の内側が黒錆で保護され、赤錆腐食が進行する事もなくなり、NMRパイプテクター®が設置されている限り建物寿命まで配管を使用できるようになったのです。

◆コストを大幅に圧縮できる
配管の劣化が起きると、配管の修繕や交換などが必要になりますが、これにはかなりの費用が必要になります。
もし配管更新するとなれば、国内の一般的なマンションで1戸当たり60~100万円程度かかるのが相場です。
ところがNMRパイプテクター®を導入すれば赤錆を防げ、NMRパイプテクター®が設置されている限り、ウィッティントン病院の事例のように建物寿命まで配管を交換することなく使用できます。
NMRパイプテクター®の導入にかかる費用は配管更新と比較して、1/10~1/5程度です。
80~90%のコストカット効果が期待できる計算です。

◆断水の必要もなし
配管更新するためには、大掛かりな工事が必要です。
また一定期間断水工事もしなければなりません。
しかしNMRパイプテクター®を導入するにあたって、断水する必要はありませんし、水が使えなくなり、生活に支障をきたす心配もありません。

◆まとめ
ウィッティントン病院の事例を通して、NMRパイプテクター®の高い性能をお分かり頂けましたでしょうか。
安心安全な水をいつまでも使用したいと考えている方は、ぜひNMRパイプテクター®の導入をご検討ください!

▼コラム元はこちら
<日本システム企画株式会社>
コラム#21「ウィッティントン病院への導入事例」

==関連情報==
ウィッティントン病院への導入事例|pipetector.com
英国 ウィッティントン病院へのNMRパイプテクター導入事例|イプロスものづくり
英国 ウィッティントン病院へのNMRパイプテクター導入事例|イプロス都市まちづくり

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する