英国バッキンガム宮殿でも2007年からNMRパイプテクターは採用されています

日本システム企画株式会社

投稿日:2020年5月13日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 特殊技術・特許 ] [ その他(配管防錆) ]

英国バッキンガム宮殿でも2007年からNMRパイプテクターは採用されています

バッキンガム宮殿にNMRパイプテクター®が採用されるきっかけは「ハロッズ・デパート」と「ウィンザー城」での採用が大きなカギとなりました。今回は、どの様な経緯でバッキンガム宮殿への採用がされたかも含め、ご紹介していきます。  
                 
◆イギリス最大の老舗高級百貨店である「ハロッズ・デパート」での導入実績
バッキンガム宮殿にNMRパイプテクター®が採用される最初のきっかけは、イギリスのハロッズ・デパートでした。ハロッズ・デパートのお客様用のトイレで赤水が発生し問題になっている事から2006年3月31日に、NMRパイプテクター®が設置されました。赤水の問題が発生していた原因は、給湯配管の亜鉛メッキ鋼管製配管内に赤錆が発生していた事によるものでした。その為に、ハロッズ・デパートの役員の要請により急遽NMRパイプテクター®が給湯配管の元に設置され、設置後、防錆効果検証を行うと約1.5ヶ月で配管内の新規の赤錆を防止し、すでにある赤錆の表面を、黒錆に変化させたことが確認されました。

◆イギリス王室所有の「ウィンザー城」での導入実績
ハロッズ・デパートでのNMRパイプテクター®の導入実績を、同デパートの役員より高く評価いただき、その後、同じく赤錆の問題を給湯配管で抱えていた「ウィンザー城」にNMRパイプテクター®が紹介されました。           
ウィンザー城は、エリザベス女王陛下が毎週末に滞在する機会が多い為、赤錆問題の解決は急務です。ウィンザー城は、床面積45,000平方メートルの広大な建物ですが、NMRパイプテクター®を設置したのはその中の、女王陛下が滞在するクイーンズタワーの給湯配管でした。
2006年11月27日にNMRパイプテクター®を設置し、その後、赤錆防止効果の検証を行いました。その結果、クイーンズタワーの107号室の温水中の鉄イオン値は3.32㎎/ℓと赤茶色をした温水でしたが、NMRパイプテクター®を設置し42日後は0.007㎎/ℓと大幅に改善し、温水の色も透明になりました。またイギリスの水道法基準値は0.2㎎/ℓであることからも、検証によってNMRパイプテクター®の赤錆防止効果は、明確に確認する事ができました。

◆「ウィンザー城」での導入実績から「バッキンガム宮殿」へ
ウィンザー城でのNMRパイプテクター®の導入実績を、ウィンザー城のメンテナンス責任者より高く評価いただき、当時バッキンガム宮殿でも赤錆問題が発生していた事から、NMRパイプテクター®の導入の要請をいただきました。
バッキンガム宮殿内には6箇所のポンプ室がありますが、NMRパイプテクター®を2007年1月12日に、その内の1箇所のポンプ室内の空調温水配管ならびに給湯配管に設置しました。そしてこの1箇所のポンプ室というのは、最も重要な女王陛下の部屋に繋がる配管がある場所でした。
NMRパイプテクター®の設置前に水質調査した空調温水配管内の温水は、赤茶色に変色し鉄分値の測定結果は16.6㎎/ℓと高い鉄分値が出ている事から、空調温水配管内では赤錆が多量に発生していることが分かりました。
NMRパイプテクター®の設置24日後に実施した水質調査では、空調温水配管内の温水の鉄分値は基準値の1㎎/ℓを下回り、0.455㎎/ℓまで低下している事を確認しました。赤茶色の温水も透明に変化している事が確認され、NMRパイプテクター®により新規の赤錆発生が完全に防止され、配管内の赤錆が黒錆に変化した事の防錆効果が検証されました。
給湯温水配管にNMRパイプテクター®を設置する前に温水の水質調査をしたところ、朝一番の温水中の鉄分値は、2.75㎎/ℓと水質基準値0.2㎎/ℓを約14倍上回っており、こちらも温水の色は赤茶色でした。 NMRパイプテクター®の設置24日後に実施した水質調査では、0.018㎎/ℓと、水質基準値の0.2㎎/ℓを大幅に下回り、温水の色も透明になった事で、空調温水配管、給湯温水配管共に、NMRパイプテクター®の防錆効果を検証し、配管内赤錆問題を解決する事ができました。

◆NMRパイプテクター®は、検証試験で防錆効果を証明し、現在もバッキンガム宮殿の配管防錆の為に設置され続けています
現在、バッキンガム宮殿内では一部修繕工事が行われていますが、基本的に女王陛下の部屋の周辺は、工事関係者の立ち入りは安全保障上の観点から禁止となります。そのため、配管更新工事を不要にする為に、引き続きNMRパイプテクター®の防錆効果が必要となります。今後もNMRパイプテクター®の赤錆防止効果は継続し、配管寿命が延命されていく事から、安全保障上の点からもNMRパイプテクター®は役割を果たしているといえます。その為、バッキンガム宮殿関係者からも高い評価をいただき感謝されています。

▼コラム元はこちら
<日本システム企画株式会社>
コラム#04「英国バッキンガム宮殿でも採用され、防錆効果が検証されたNMRパイプテクター®」

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する