日本システム企画株式会社

NMRパイプテクター®-NMRPT-による赤錆防止効果検証の方法

#ものづくり #特殊技術・特許

NMRパイプテクター®-NMRPT-による赤錆防止効果検証の方法
平成5年に、日本で最初に導入された配管内防錆装置NMRパイプテクター®は、それから27年が経過しました。全国の様々な施設でNMRパイプテクター®の導入が進み、これまでにNMRパイプテクター®は4,200棟以上で導入されています。
昔は、一般的に亜鉛メッキ鋼管が建物内の給水配管に使用されていました。建物の築後、亜鉛は5年以内に少しずつ経年劣化でメッキが剥がれ、鉄が表面に出てきます。10年程経過する頃には赤錆が配管内全体に発生し、夜間に滞留している水に溶け出し、朝方には蛇口から赤水として出てきました。配管内の水の鉄分値を減少させ、赤茶色になった水の色を透明な水に変えることで、NMRパイプテクター®は、その防錆効果の検証をしてきました。既に配管内にできてしまった赤錆を、水に溶けない黒錆に変えることができる世界で唯一の技術がNMRパイプテクター®です。

◆防錆効果検証のための採水・水質検査を実施した公的試験機関
最初に公的機関の建物配管でNMRパイプテクター®の赤錆防止効果を検証するための採水・水質検査をしたのは、「旧北海道立工業試験所(現、北海道立総合研究機構)」でした。平成13年、当時の試験所副所長の許可により、研究棟系統高架水槽2次側(出口側)の給水配管に、NMRパイプテクター®(PT-100DS)を1台設置しました。1階の男子トイレ手洗い蛇口から、工業試験所職員の方によりNMRパイプテクター®の設置前の水が朝一番に500ml採水されました。 そして、NMRパイプテクター®の設置から1~4ヶ月後まで1ヵ月毎に計4回(検証試験期間:平成13年7月~11月)の採水を、工業試験所職員の方により同じ条件で行ってもらいました。その結果、水中に含まれる鉄分値の大幅な減少で、NMRパイプテクター®の防錆効果を立証する水質検査結果が得られました。
採水された水の検査結果は次の通りでした。NMRパイプテクター®設置前の水中の鉄分値は、0.786mg/lと飲料水基準値の0.3mg/lを大幅に上回り、赤錆劣化がかなり進んでいる数値でした。 NMRパイプテクター®設置1ヶ月後では0.553mg/l、2ヶ月後は0.423mg/lと順調に鉄分値の減少を続け、 4ヶ月後には0.3mg/lを下回る0.262mg/lとなり、水道法水質基準値を下回りました。以上の結果はNMRパイプテクター®の防錆効果により、飲料に適した水に改善したことが確認された水質検査結果でした。NMRパイプテクター®が新たなる赤錆の発生を完全に防止し、配管内の赤錆の表面を水に溶けない黒錆に変え、水中の鉄分値を下げたことを裏付ける水質検査結果となりました。北海道大学名誉教授 勇田敏男先生が監修し、旧北海道立工業試験場の建物配管を使用して検証試験のための採水・水質検査が実施され、当時の内容は、専門情報紙である「マンション管理新聞」の取材記事でも報道されました。

◆病院で実施された検証
「日本赤十字社の旧医療センター」で平成11年、病院での最初のNMRパイプテクター®の検証が実施されました。当時築後24年が経過し、給水配管は亜鉛メッキ鋼管を使用していました。新生児の部屋は給水配管に赤水が発生し、朝一番の水の採水結果は基準値の0.3mg/lを大きく上回る、2.0mg/lの鉄分値でした。その為、はじめに多量の水を破棄してから朝一番の水を使用していました。高架水槽2次側配管にNMRパイプテクター®を水質改善の為に、1台設置し効果検証を行いました。
新生児の部屋の蛇口は、高架水槽から150メートル程離れていましたので、朝一番の水を採水しNMRパイプテクター®の赤錆防止効果検証を行いました。水中の鉄分値を測定した、都立衛生研究所での水質検査の結果では、NMRパイプテクター®の設置前は2.0mg/lの水中の鉄鉄分値が、 設置2週間後に0.48mg/l、設置6週間後に0.27mg/lと減少し、 NMRパイプテクター®の防錆効果により、配管内の赤錆の表面を水に溶けない黒錆へと変化させ、給水配管内の新規の赤錆を防止している事の立証がされ検証が終了しました。日赤医療センター院内報にて平成12年1月に、この検証結果が掲載され、他の日赤病院にも有益な内容であった事から、全国の日赤病院に通知されました。

関連情報==========
コラム#01「NMRパイプテクターの赤錆防止効果の検証方法と検証結果について」|日本システム企画株式会社

【お問い合わせ先】

日本システム企画株式会社のウェブサイトはこちら
フリーダイヤル:0120-320-390(営業時間 9:00~17:30 ※土日祝除)
ウェブからのお問い合わせはこちら

日本システム企画株式会社のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。