ワタベウェディング株式会社

「ワタベウェディング 北京店」8月8日(木)オープン

#冠婚葬祭

 「ワタベウェディング 北京店」8月8日(木)オープン
PRESS RELEASE
2019年8月8日
ワタベウェディング株式会社

中国・北京市にリゾートウェディング専門サロンが誕生
「ワタベウェディング 北京店」8月8日(木)オープン
~拡大する中国のリゾートウェディング市場のニーズに応える新店舗~


ワタベウェディング株式会社【本社:京都府京都市、資本金41億7,637万2,000円、東証第一部上場、代表取締役 花房伸晃】は、2019年8月8日(木)に「ワタベウェディング 北京店」をオープンいたします。
当社における中国展開は、1993年にウェディングドレス製造子会社を上海に設立し、その後、1997年には地元向け挙式サービスを行う子会社を設立、2003年には写真アルバム製造工場を開設、2004年には地元向け総合ブライダルショップを運営する子会社を設立、2005年にはタキシード製造工場を開設し、2015年には北京におけるリゾートウェディングの販売店舗として「ワタベウェディング 上海店」をオープンし、サービス展開を行ってまいりました。
中国の2018年度婚姻組数は約1,000万組以上※と、日本を超える巨大なウェディング市場となっており、そのうち北京の2018年婚姻組数は約13万組となります。現在、北京のお客様には上海店のプランナーがオンラインで対応し、サービスを提供していますが、海外リゾートウェディングのニーズが高まっており、問合わせが急増しています。そこで当社は、北京におけるリゾートウェディングの更なる発展性を見込み、「ワタベウェディング 北京店」をオープンし、サービス提供を行うことになりました。
※出典:中華人民共和国民政部 「2018年4季度各省社会服务统计数据」

「ワタベウェディング 北京店」は、北京主要商業エリアの一つである朝陽区に位置する若者に人気の複合施設「三里屯SOHO」内にオープンいたします。店内は、お客様に和やかに挙式のご相談をいただけるよう「暖」をデザインコンセプトとし、明るくモダンなインテリアを取入れ、開放的な空間づくりを目指してまいります。


「ワタベウェディング 北京店」概要
■オープン日:2019年8月8日(木)
■住所:北京市朝阳区工人体育场北路8号院1号楼三里屯SOHO 16F
■営業時間:10:00~18:30
■定休日:水曜日・木曜日
■取扱商品:挙式・衣裳
■TEL:+86(400) 661-1314

【お問い合わせ先】

ワタベウェディング株式会社 広報担当:飯村・田村・三浦・伊東(080-6172-5684)
TEL. 03-3288-4149 FAX. 03-3288-7315 E-Mail:public@watabe-wedding.co.jp
ホームページ:https://www.watabe-wedding.co.jp/company/press/ 【画像ダウンロードできます】

ワタベウェディング株式会社のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。