リソウル株式会社

【開催間近】4/3(水)「いつか起業してみたい」と思うあなたへ!起業を実現するための無料セミナー

#教育・人材

こんな方にお勧めです。
✔いつか起業してみたい
✔起業のためにあと何がそろえばいいか知りたい
✔事業として何をやっていくべきか決めたい


【いつか起業してみたい】

ずっとそう思っているけれど、何故かその一歩が踏み出せない。
自分なんかに出来るだろうか?
もっとしっかりと知識を得てからじゃないと失敗するのではないだろうか?

漠然とモヤモヤした想いに足を取られているうちに、
いつの間にか時間ばかりが過ぎていったりしてはいないでしょうか。


【いつか起業してみたいを起業するへ】

その覚悟と具体的な一歩を踏み出すためにはどうしたらよいのでしょうか?
知識や手法を学ぶ準備は際限なくすることが出来ます。
大切なのは、

なぜ自分は起業したいのか?
どんな未来を描くのか?
どんなことなら続けられるのか?

そういった自分の中でのぶれない軸を明確にしていくことです。
その軸が見出されたとき、覚悟が生まれ行動へとつながっていきます。


【無料セミナーで起業の本質を学ぶ】

社会起業大学は、日本で最初の「社会起業家」育成に特化したビジネススクールです。
多くの社会起業家とのネットワークを持ち、これまで400名以上の方が学ばれました。
独自のフレームワークと実践・対話を重視した授業スタイルで、あなたの想いやアイディアを事業として育てていきます。

社会起業大学のセミナーでは、主に
・事例を通じた社会起業家という生き方の紹介
・成功する社会起業家が持つ3つの力とその身に着け方の紹介
・ビジネスプランを検証するワークショップ
をいたします。

3つのポイントのご紹介は、具体的な事例を示しながら、概念にとどまらず、ではどうしたらいいのかまでをお伝えしています。また、グループワークでは、実際の社会起業大学の卒業生のビジネスプランプレゼンを見ていただきながら、良い点・課題点をディスカッションし、事業をブラッシュアップする方法を学びます。

一方的な講義ではなくふんだんに盛り込まれたグループワークやディスカッションで、ご自身の考えを整理しながら学ぶことが出来ます。

「いつか起業してみたい」という想いを「起業する」に変えたい方は、満足度95%の社会起業大学の無料セミナーにぜひ一度ご参加ください。

【詳細・お申し込みはこちら】
https://socialvalue.jp/lesson_kigyo_l.html
※ネットワークビジネス、その他勧誘活動が目的の方は、参加をお断りさせていただいております。

持参品
■ 筆記用具・ノート
■ 名刺(お持ちであれば)
■ 服装は基本的に自由です

日時:2019年4月3日(水)19:00 - 21:30
場所:社会起業大学(東京都千代田区二番町2番平田ビル1階)

【お問い合わせ先】

*社会起業大学 運営事務局
*TEL:03-6380-8444
*Mail:info@socialvalue.jp

リソウル株式会社のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。