業界初!保険テラスが保険募集人の知識量を可視化する「マイスター制度」を公開

株式会社ETERNAL

投稿日:2019年2月21日

サービス分野: [ 医療 ] [ 福祉・少子高齢化 ] [ 教育・人材 ]

業界初!保険テラスが保険募集人の知識量を可視化する「マイスター制度」を公開

 保険の新しい価値を提供する来店型保険ショップ「保険テラス」を運営する、株式会社ETERNAL( 代表取締役会長:鈴木卓也、代表取締役社長:髙津嘉邦)は、2019年2月20日(水)、保険募集人の知識量を可視化する、社内独自資格制度「マイスター制度」を、保険テラスホームページ、及び店頭にて公開いたしました。



「マイスター制度に関するプレスリリース詳細(保険テラス公式ホームページ)」
https://hoken-eshop.com/news/meister/


1. 「マイスター制度」とは
 マイスター制度とは、保険に関連する5つの分野(医療、がん、積立、死亡保障、自動車・火災)について、当社独自の教材で日々勉強し、テストに合格することで、そのレベルに応じて「★」(マイスター)を取得していく制度です。取得した「★」は、スタッフ自身の知識量と努力の証として、保険テラス公式ホームページや店頭にてお客さまに開示します。ホームページ上ではさらに、「相談したいスタッフ」をお客さまが選んで相談予約いただける仕組みになっており、募集人の情報開示、指名予約制導入は、大手代理店では業界初の試みとなります。


2. 知識量を可視化し、お客さまが募集人を選ぶ時代へ ~「マイスター制度」導入の背景~
【生涯で支払う高い保険料。対する加入保険への満足感は40%未満】
 保険は、時に20、30年という長い期間、お客さまの大切なお金をお預かりし、人生で起こり得る様々なリスクに対して備えるものです。生命保険文化センターの調べによると、日本人の約90%が生命保険に加入し、年間で支払う保険料の平均は約36万円にのぼります。しかし、自分が加入している保険に対して満足感を得ている人は、たったの4割にも満たないというのが現状です。

【目まぐるしく変化する保険業界。求められる私たち募集人の役割】
 また、2015年の保険業法改正にはじまり、標準利率の引き下げや生命表の改定による保険料率改定など、この数年間で保険業界は大きな変革を迎えています。さらに、医療技術の進歩など、保険を取り巻く社会情勢も目まぐるしく変化しています。このような状況の中で、私たち募集人が求められる役割は、単なる保険商品の提案だけではなく、業界の流れや社会動向をいち早くキャッチし、将来の人生設計について多角的な視点から、お客さま一人ひとりに合わせた情報を、正しくお伝えしていくことです。

【なぜ、人生で大事な買い物をするときの担当者を、お客さまが選べないのか?】
 しかし、お客さまが人生で大事な保険を選ぶとき、その担当者が持つスキルや知識を測るわかりやすい指標はなく、信頼できる募集人に巡りあえるかどうかは「運次第」です。だからこそ私たちは、お客さまご自身が心から信頼できる担当者を選び、心から納得のいく保険選びをしていただけるよう、「マイスター制度」を導入しました。本制度により、本来募集人として必要とされる知識をスタッフが日常的・自律的に勉強し、その知識量を可視化して情報開示することで、お客さまが事前に相談スタッフを選ぶことが可能になります。
 マイスター制度は、2018年1月よりテキストによる学習がスタートし、現在は生命保険4分野の3段階において、募集人の「★」の取得状況をリリースしています。業界初、当社独自の取り組みとして、今後もアップデートを続けてまいります。


【 株式会社ETERNALについて】

本社:〒107-0062 東京都港区南青山4-20-19 プレム南青山ビル2階
代表者:代表取締役会長 鈴木卓也
    代表取締役社長 髙津嘉邦
設立:2005年5月
資本金:5000万円
Tel:078-241-4201
Fax:078-241-4211
URL:http://e-fca.jp/
事業内容:生命保険・損害保険の保険代理店事業

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ先】
 企業名:株式会社ETERNAL
 住所(神戸本部):〒651-0084 兵庫県神戸市中央区磯部通3-2-17 ワールド三宮ビル4F
 担当者名:秘書室 広報・IR担当 新宮由登里(シンミヤ ユトリ)
 TEL:0782414201
 E-Mail:shimmiya@e-fca.jp

 
革新ビジネスアワード2019投票受付中 革新ビジネスアワード2019表彰式&交流会参加者募集
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する