自動組版ソフト ―「Antenna House Formatter V6」 リリースのお知らせ

アンテナハウス株式会社

投稿日:2011年10月3日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 特殊技術・特許 ] [ 海外・グローバル ]

2011年9月30日
― 世界標準のレイアウト仕様に準拠する自動組版ソフト ―「Antenna House Formatter V6」 リリースのお知らせ

アンテナハウス株式会社(本社:東京、社長:小林徳滋、資本金:4,000万円)は、
2011年9月30日より「Antenna House Formatter V6 」を販売開始いたしました。
AH Formatter はXMLで記述されたマニュアル、契約書、報告書・書籍などを
XSL-FOまたはCSSをつかってレイアウト指定してPDFに出力したり印刷するソフトウェアです。
国内・国外でAH Formatterは最も優れたXSL-FO準拠製品との評価を確立しており、
現在、自動車、携帯電話、航空機、OA機器のメーカ等のマニュアル制作システムなど
数千社のお客様にお使いいただいています。

■V6で追加された主な新機能
・従来のフロート機能を大幅に機能強化しました。これにより、「ページの任意の位置への
 図版などの配置」、「段組ページの段をまたがる図版などの配置」といったことが
 可能になりました。
・ルビや圏点に対応しました。これにより文字列に本来のルビが表現できるようになり、
 圏点も付けることができます。またルビ文字が長い時に、自動的に文字幅を圧縮する
 などのルビオプションも用意しました。
・見出しなどの文字間の空きを自動挿入、行折り返し字のインデント位置の指定機能、
 OpenType字形選択機能など、詳細な体裁を実現できる機能を実装しました。
・AcroForm による記入欄のあるPDFを埋め込むことができるようになりました。

■製品の主な特長
・多言語の組版ができます。ラテン文字、キリル文字、ギリシャ文字、日本文字、中国簡体字、
 中国繁體字、ハングル、アラビア文字、ヘブライ文字、デヴァナガリ文字、タイ文字などを使う
 50以上の言語の組版処理ができます。
・柔軟な禁則や約物詰めなど高度な日本語組版処理、複雑な表の自動レイアウトなどが可能です。
・アプリケーションに組み込むために、コマンドライン、 .NET、COM、 Java、C/C++の
 各インターフェイスが使用できます。
・数万ページに及ぶ大規模な文書の組版処理ができます。
・PDF/A、PDF/X、タグ付きPDFなど高度なPDFを作成できます。
・SVG、MathML、EMF、WMF、CGM画像は、ベクトルデータのままPDF中に描画します。
・バーコードを画像(pngまたはsvg)として生成して、文書中に埋め込みできます。
・住基ネット統一文字コードで記述された文書を扱うことができます。

■動作環境
対応プラットフォーム
Windows(32ビット、64ビット)、Linux(32ビット、64ビット)、
Solaris(Sparc、x86)、Macintosh(Mac OS X)、AIX

■本製品の詳細につきましては、下記の弊社Webサイトをご覧ください。
Antenna House Formatter V6
http://www.antenna.co.jp/AHF/

■お問い合わせ先
〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-1-6東日本橋藤和ビル5F
アンテナハウス株式会社
システム営業グループ
TEL : 03-5829-9021
FAX : 03-5829-9023
E-mail: sis@antenna.co.jp
URL : http://www.antenna.co.jp/

お問い合わせ先

〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-1-6東日本橋藤和ビル5F
アンテナハウス株式会社
システム営業グループ
TEL : 03-5829-9021
FAX : 03-5829-9023
E-mail: sis@antenna.co.jp
URL : http://www.antenna.co.jp/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する