「震災で失われた風景を取り戻して」の反響に応え、観光地の今昔が楽しめる時間旅行アプリが全国展開へ!

株式会社和広

投稿日:2011年9月29日

サービス分野: [ IT技術 ] [ エンターテイメント ] [ その他(スマートフォンアプリケーション) ]

「震災で失われた風景を取り戻して」の反響に応え、観光地の今昔が楽しめる時間旅行アプリが全国展開へ!

「ARタイムトラベラー ~新潟市版~」はAR(拡張現実)技術により、目の前の街並みや風景にiPhoneをかざすと、画面の中に過去の街並みや、現在とは違う季節・時間の風景を、現風景にオーバーラップして表示。時間を超えて過去や四季の新潟市を五感で楽しめる、世界初ともいえる時間旅行アプリです。
第一弾は歴史・四季・イベントの3ジャンル計84ヶ所を新潟市全域にご用意。現在Android版を年内リリースに向け開発中です。

リリース後、各マスメディアに取り上げられたことをきっかけに、口コミ的に波及、話題となっております。リリース後すぐ新潟日報、日本経済新聞、読売新聞から立て続けに取材を受け、記事が掲載されました。その後、ネットメディアにプレスリリースしたところ、Yahoo!をはじめ、計119社のネットメディアで配信されました。それを見た一般ユーザーが記事内容を転載、Twitterでつぶやく等、さまざまな形で波及しています。

中でも多く聞かれるのは「震災で失われた風景を取り戻して」というもの。東日本大震災が記憶に新しいですが、阪神・淡路大震災、中越地震、中越沖地震と、震災で失われた風景の数は計り知れません。観光目的で開発されたアプリが、今、震災復興という面でも期待されております。

和広では全国展開を計画、パートナー企業募集を呼び掛けており、すでにいくつかの自治体、企業から問い合わせが来ています。今後、運用面などの課題をクリアし、全国各地で時間旅行が楽しめるよう推進していきます。

ARタイムトラベラー特設Webサイト
http://www.ar-timetraveler.com/

ARタイムトラベラー公式Twitter
http://twitter.com/AR_TimeTraveler/



※2011.09現在、掲載社数は123社(県内媒体は自社調べ、ネット媒体はValuePress社様調べ。mixi、Twitter、facebook、ブログ等への転載・口コミ波及、テレビ・ラジオの独自取材等によるオンエア実績は除く)

※MONEYzine様の記事「新聞号外、ラジオドラマ、街並み探索など スマホでひと味違う歴史の楽しみ」
http://moneyzine.jp/article/detail/199199
がポータルサイト「excite」のトップページに掲載、同記事が5位にランクインしました。

※それらの結果、google で「あrt」「art」と、3 文字入力するだけで、予測変換候補に「AR タイムトラベラー」が出るようになりました。多くのユーザーが AR タイムトラベラーに関心を寄せ、検索した結果といえます。

お問い合わせ先

株式会社 和広 企画営業部 江端までお願いいたします。
〒950-9885 新潟県新潟市中央区和合町2-4-18 第一和合ビル204号
TEL:025-280-9870 FAX:025-284-4166
E-mail:info@wako-ad.co.jp
HP:http://wako-ad.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する