プレスリリース

「リゾ婚2018年トレンド」発表 ブーケ人気花材はかすみ草!装花カラーはイエローやグリーンに注目!

ワタベウェディング株式会社

投稿日:2018年8月1日

サービス分野: [ 冠婚葬祭 ]

「リゾ婚2018年トレンド」発表 ブーケ人気花材はかすみ草!装花カラーはイエローやグリーンに注目!

ワタベウェディング株式会社【本社:京都府京都市、資本金41億7,637万2,000円、東証第一部上場、代表取締役 花房伸晃】は、1973年に日本のブライダル企業で初めてハワイ・ホノルルに進出(ホノルル店をオープン)してから45年を迎えたことを記念し、リゾートウェディングのパイオニアとして、世界中の現地店舗の情報と60万組を超えるリゾートウェディングの実績データを元にトレンドや傾向を研究するサイト「リゾ婚Lab」(https://www.watabe-wedding.co.jp/press/rizokonlab/) を開設し、『リゾ婚の日』である8月1日に「リゾ婚2018年トレンド」を以下に発表いたします。

また、「リゾ婚Lab」の開設を記念して、抽選で30名様に“リゾ婚ナッツ”をプレゼントするTwitterキャンペーンを8月1日(水)から8月31日(金)まで実施します。

<会場>

オンザビーチのチャペルが断然人気という結果。開放感のあるガーデンでのウェディングも近年増加傾向。今後はビーチとガーデンが人気を二分する可能性も。

・ リゾ婚らしいオンザビーチのチャペルが各リゾート地で断然人気が高い状況。当社の運営するハワイの「コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ」や、「コオリナ・チャペル アクア・マリーナ」、グアムの全面ガラス張りのチャペル「ブルーアステール」のオンザビーチのチャペルが当社の中でもトップクラスの人気を誇る。
・近年、自然溢れる景観を楽しめるガーデンにおけるウェディングの挙式件数が増加傾向。2019年1月よりリブランドする「ザ・プライベート・ガーデン アロハ・ケ・アクア」では、新しくガーデンでの挙式会場も登場するなど、ガーデンを会場とした商品の取扱いも増加。先日は、モデルの道端アンジェリカさんが当会場でウェディングを挙げるなど、一味違うウェディングを行いたいというアンテナの高いカップルから、早くも注目を集めている。


<衣裳>

タキシードは定番カラーのグレーやシルバーに代わり、リゾート地に映えるブルーが1位。グリーンやベージュの人気が上昇するなど、カラフル化が顕著!

・新郎衣裳の定番カラーであるグレー・シルバーに代わり、リゾート地に映えるブルー系のタキシードが増加傾向。当社では、裏地には清涼素材を使用しリゾート地でも快適に過ごしていただけるロイヤルブルーの「AU-62」が1位。次いで、リラックスした式が叶うリゾ婚と相性が良いデニム生地の「BEAMS-3 FORMAL DENIM」が人気を集め、2015年の販売当初では珍しかったデニム素材も、徐々に定番化してきている。
・最近、トレンドになりつつあるカラーがブルーグリーン。新作タキシード「AU-67」の人気が急上昇し、ブルーを追い上げつつある。
・私服と合わせやすいベージュの「AU-68」人気も上昇傾向。挙式後もリユースしやすいマットな生地などで仕立てられていることも人気を後押ししている。


ドレスはスタイルアップ効果のあるプリンセスラインが人気。

・一般的にドレスのラインはAラインが定番とされているが、リゾ婚では写真映えを重視する新婦が多く、インパクトが強いプリンセスラインが1位。スカートにボリュームがあるため、上半身をスッキリ見せ、ウエストのくびれも強調されることからスタイルアップ効果もあり選ばれる要因でもある。
・当社では、素材の工夫などで従来のプリンセスラインドレスより4割ほど軽量化することに成功した、2018年6月より販売の「LUANA-1」が、移動の多いリゾ婚でも快適に過ごせると新婦の支持を集め、7月の販売着数1位となるほど人気となっている。
・会場の運営とドレスの開発・製造を行う当社ならではの提案が支持されており、挙式会場に合わせてイメージしデザインされたドレスが、同会場での着用率上位となっている。代表的なドレスは、ハワイにあるプリンス ワイキキの「ラニレア チャペル」をイメージして開発された「NOA-1」、「NOA-2」。


アレンジを楽しむおしゃれなカップルが多い。特に、カジュアルダウンをしたコーディネートが人気を集める。

・挙式後のパーティや、フォトツアーなどではドレスやタキシードにアイテムをプラスすることで、スタイルチェンジを行うカップルが多い状況。
・おそろいのスニーカーやドレスの上にTシャツもしくはシャツを着用するなど、カジュアルダウンをしたコーディネートによるスタイルチェンジが多く見られる。
・当社では、トップスとスカートが別々になるセパレートタイプで、アレンジがしやすいドレス「BEAMS DRESS / BEAMS MARINE」や、ドレスの上から着用して雰囲気を変えられるレースブラウスが付属した「LUDIQUE-2」が人気を集める他、2018年8月11日(土)より販売を開始する、約20通りものスタイリングが叶う「BEAMS DESIGN PRINCESS」にも注目が集まる。
・イメージチェンジが簡易なサッシュベルトの受注数は、ドレス着数の約10%。カラーサッシュリボンのうち、約50%はブルー系、約30%はピンク系。次いでラベンダー系、グリーン系となる。


<演出>

リゾ婚をさらに盛り上げるブライズメイドの出現率は約8割!

・リゾ婚にご参列されるご友人の内、当社では約8割の方がブライズメイドの演出を行っている。
・ドレスのカラーは、新婦のブーケのカラーに合わせる、全員同じカラー、グラデーションで色味を少し変える、全員全く異なるカラーなど様々なパターンがみられる。
・人気のカラーは、ピンク、ブルー、エメラルドグリーンとなっており、ロング丈のドレスを着用される方が多くなっている。


<美容>

ヘアメイクはナチュラルな雰囲気が人気!リハーサルメイクは2013年度から比べると3倍増加している。

・チェリーレッドのリップなど、リゾート地にもマッチする透明感のある色が人気。
・ヘアスタイルは低めのシニョンやシンプルなポニーテールなど、海やガーデンに合うナチュラルなスタイルが好まれている。
・リハーサルメイクは、写真が重視される傾向が強くなってきていることから、申込み件数は2013年度に比べ2017年度は約3倍に増加している。
・ヘアスタイルをチェンジする新婦は、2013年度に比べ2017年度は約2倍に増加。ドレスはそのままで、挙式やパーティなどのシーン毎にチェンジを行う。


<オプション>

ムービージェニックを求めるカップルが増加。ムービー商品の人気が顕著となる。

・ムービー商品の申込み件数は、2015年度に比べ2017年度は約11%増加。フォトジェニックからムービージェニックという言葉も生まれ、ムービーに対する意識が高くなっていることがわかる。
・2016年度の挙式から、圧倒的な映像美を誇る一眼レフカメラで撮影し、選りすぐりの印象的なシーンを約3~5分のショートムービーに編集した表現力豊かなウェディングムービー「シネマティックメモリー」が販売されるようになったことが影響していると考えられる。


<フラワー>

ブーケはかすみ草の人気が高く、カラーはグリーンやイエローが増加傾向!

・ブーケをはじめ、フラワーはかすみ草の人気が非常に高く、2017年度は2016年度の約3倍、2014年度の約10倍となっている。2018年度も7月時点で2016年度の件数を超えるなど、近年非常に高い人気を集めている。
・フラワーカラーの一番人気はホワイト。また、グリーンやイエローも注目度が上昇しており、イエローは2018年度7月時点の申込み件数が既に2017年度の約3倍となっており、グリーンも2017年度の受注数から約2倍となるペースで増加。
・押し花にした状態で長期間ブーケを保存できる「プレスドフラワー」の申込み件数が、2015年度に比べると2017年度には約2倍に増加。挙式後もこだわりのブーケを手元に置いておきたいというカップルも年々増えていると考えられる。


<予測>

今後のリゾ婚トレンドについて。

SNSの普及に伴い、フォトや映像が重要視される傾向は年々強くなり、挙式とは別に撮影を楽しむ“フォトツアー”や、SNS映えする“フォトジェニックな空間・演出”を希望する声は、今後も増えていくと予想されます。当社では、そんなお客様のニーズに合わせ、2018年7月より、専用クルーザーに乗船するハワイ「クルージングフォトツアー」のようなプライベート空間でこだわりの写真が撮れるフォト商品や、グアムなど人気リゾ婚エリアで行う写真映えを意識したパーティ演出「カラードリップケーキ」「ビッグスプーン」などを販売開始しています。

また近年は、SNSを通し簡単に多くの先輩花嫁のウェディングを見ることができる為、他人と被らない“オリジナル”というワードも引き続き重要なキーワードになると想定されます。ブーケやケーキなどの挙式アイテムをカタログから選ぶのではなく、オーダーメイドで発注する数は年々増加傾向にあり、2013年度から2017年度を比べると約3倍に増えています。当社では、パリ・フィレンツェ挙式において、現地のフラワーショップでブーケのお花を現地フローリストと共に作る事ができるオプションを2018年7月から販売している他、2017年8月よりオーダーメイドリゾ婚を叶える新ブランド「PLATINUM BIRTHY(プラチナ バーシー)」(https://www.watabe-wedding.co.jp/platinum_birthy/)をスタートさせるなど、こだわり層のリゾ婚需要に応えていきます。

一方で、2017年5月よりスタートした、人気エリアのリゾ婚が8万円以下で申込み可能なオンライン限定のブランド「EASY by WATABE WEDDING」(https://www.watabe-wedding.co.jp/easy/)は、低価格・オンラインという手軽さが支持を集め、結婚当時に式を挙げなかった「なし婚」と言われる方々などから注目を集めています。


■リゾ婚Lab概要

日本のブライダル企業として初めてハワイ・ホノルルに進出(ホノルル店をオープン)してから、45年を迎えたことを記念して開設。これまで60万組以上のリゾ婚のお手伝いをして積み上げてきた実績データと、世界約15箇所にある現地店舗より世界のリゾートウェディングの生の情報を集め、リゾ婚トレンドを研究し発信するサイト。
URL: https://www.watabe-wedding.co.jp/press/rizokonlab/

■ 8月1日『リゾ婚の日』について

8月は夏の暖かい気候やバカンス休暇などリゾートのイメージを想起しやすいこと、また、リゾートウェディングの人気エリアであるハワイにかけて、「ハワイ=8」「いい=1」の語呂合わせから、毎年8月1日を『リゾ婚の日』とすることを、一般社団法人 日本記念日協会に申請し、記念日として正式に認定登録されております。

■「リゾ婚Labオープン記念 Twitterキャンペーン」概要

応募期間:2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)
プレゼント・当選者数:厳正なる審査の上、“リゾ婚ナッツ”を30名様にプレゼント
応募方法:
ワタベウェディングTwitterアカウント @WATABEWEDDINGprをフォローし、@WATABEWEDDINGprにて投稿しているキャンペーン用ツイートをリツイート、もしくはハッシュタグ「#8月1日はリゾ婚の日」をつけてツイート。
応募資格:
ワタベウェディングTwitterアカウント(@WATABEWEDDINGpr)をフォローされた方。本利用規約に同意いただける方。
当選発表:
当選者へは、2018年9月10日(月)までに、フォローして頂いた「@WATABEWEDDINGpr」より、Twitter上のダイレクトメッセージ(DM)にて個別にご連絡いたします。
※キャンペーン詳細・利用規約などは、リゾ婚Lab(https://www.watabe-wedding.co.jp/press/rizokonlab/)ページ内よりご確認ください。

■「リゾ婚ナッツ」について

人気のナッツ専門店「nuts tokyo(ナッツ トーキョー)」とコラボレーションし開発した、美容効果がありプレ
花嫁に最適なナッツ。夏のリゾートをイメージした「パイナップルココ」フレーバー。美肌づくりや健康に欠かせない必須脂肪酸を豊富に含むマカデミアナッツと、食物繊維が豊富なパイナップル、免疫力アップに役立つラウリン酸が豊富なココナッツを合わせた、美容に嬉しいナッツです。2018年8月31日(金)まで期間限定で、「nuts tokyo」広尾店にて販売中。

■ワタベウェディングの拠点について

ワタベウェディングは、国内84拠点・海外37拠点(2018年8月1日現在)と、世界中に広がる幅広いグローバルネットワークを持っています。

お問い合わせ先

ワタベウェディング株式会社 広報担当:飯村・加茂・田村(080-6172-5684)
TEL. 03-3288-4149 FAX. 03-3288-7315 E-Mail:public@watabe-wedding.co.jp
ホームページ:http://www.watabe-wedding.co.jp/press/ 【画像ダウンロードできます】

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索