【包括的連携協定を締結】(株)メディカル・プリンシプル社と帝京大学大学院公衆衛生学研究科

サービス分野: [ 医療 ] [ 教育・人材 ] [ その他(医師・看護師等 職業紹介) ]

株式会社メディカル・プリンシプル社と帝京大学大学院公衆衛生学研究科、
教育および人材育成に向けて包括的連携協定を締結

この度、医療機関への医師紹介を手掛ける株式会社メディカル・プリンシプル社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:井川 幸広)は、帝京大学大学院公衆衛生学研究科(東京都板橋区 理事長:冲永 佳史)と、公衆衛生分野における教育および人材育成、キャリア支援を目的とした包括的連携に関する協定書を締結いたしました。
今日、労働者の健康保持対策やメンタルヘルス、過重労働の問題など、企業の労働安全衛生の重要性が唱えられる中、大学院で育成された優秀な人材を当社が架け橋となり企業へ紹介するスキームを構築することにより、産学連携を通じた雇用の創出を促します。これを機に、当社は更なる健康で豊かな社会作りへの貢献を目指してまいります。

【株式会社メディカル・プリンシプル社 について】
●会社概要
代表者 : 代表取締役社長 井川 幸広
事業内容 : 医師・看護師等 職業紹介業
医学生・研修医 臨床研修支援サービス事業、医療界向け情報提供事業
事業概要:『民間医局』をブランドに掲げ、医師・看護師の紹介業を中心に、医療業界への多面的なサポート事業を展開しています。医師の紹介事業【民間医局】における医師・医学生の登録会員数は約110,000人、契約医療機関は約12,000施設に対し、年間約45,000件の民間医局人事の紹介を行っています。また、臨床研修支援サービスとして『レジナビフェア』を毎年全国で開催し、昨年は9,900人を超える医学生・研修医、約1,000施設の医療機関にご参加を頂き、日本最大級のフェアを主催しています。

【帝京大学大学院公衆衛生学研究科について】
●大学院の紹介
帝京大学大学院公衆衛生学研究科科長:教授 福田 吉治
日本初の独立専攻の公衆衛生大学院として設立され、国際基準で必須とされる5分野(疫学、生物統計学、産業環境保健学、保健政策管理学、社会行動科学)を基本としたカリキュラム、21世紀の保健医療専門職の教育として必要とされるコンピテンシー(アウトカム)基盤型教育をいち早く取り入れ、問題解決ができ、社会や組織を変えることのできる人材(Change Agents)の育成を目的としています。さらに、DrPH(公衆衛生学博士)を取得できる博士後期課程、海外講師によるハーバード特別講義、産業保健高度専門職養成の大学院プログラム、社会医学系専門医プログラムなども開講しています 。

お問い合わせ先

株式会社 メディカル・プリンシプル社
経営企画部 広報広告室
pr@medical-principle.co.jp
TEL : 03-6858-6100 

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する