「ファンの汚れが気になる」のお声におこたえしたタービュランス空気清浄機に、新色登場!

株式会社カンキョー

投稿日:2011年9月21日

サービス分野: [ 生活関連技術 ] [ 特殊技術・特許 ] [ 医療 ]

「ファンの汚れが気になる」のお声におこたえしたタービュランス空気清浄機に、新色登場!

株式会社カンキョー(代表取締役:田才昭二)は、世界初の空気清浄エンジンである高速回転フィルター『ハイブリッドロータリーフィルター(HRF)』を搭載したタービュランス空気清浄機の201モデル(TB-201)に、新たなカラーバリエーションをラインナップし発売いたしました(9月20日)ので、お知らせいたします。

厚さわずか11.7cm、棚における高性能空気清浄機という、これまでのタービュランス機構の卓越性はそのままに、適用面積を20畳の『リビング・パーソナルユース』にカスタマイズし、よりお求め安い価格を設定した201モデル(39,800円)は、お陰様で直販サイト、通販を中心に大変ご好評をいただいております。

■高級感のある光沢仕上げ
今回はそのTB-201シリーズに新製品カラー「ウォーターグレー」が仲間入り。
重厚なカラーリングと、高級感のある仕上げのための、磨き工程にこだわりました。
これまでの空気清浄機の概念をくつがえす、上品な光沢感のあるグレーカラーの仕上がりとなっております。
リビングはもちろん、客間、書斎などにも、ハイグレードな空気感を演出できる、こだわり家電製品として、30~50代の本物志向のユーザーをターゲットに、展開して参ります。

【製品詳細】http://turbulence.kankyo-direct.com/
【仕様・スペック】http://turbulence.kankyo-direct.com/spec/

■タービュランス空気清浄機について
世界初の回転する高性能フィルター「ハイブリッド・ロータリーフィルター(HRF)」(※1)を搭載した空気清浄機です。「HRF」は、これまで独立していた「ファン」と「フィルター」を一つに合体させるという、全く新しい発想から生まれ、フィルター自体がファンの機能を有しています。 この「HRF」の搭載で、高い集塵性能を維持しながら、本体の厚みは薄く(※2)、且つ、軽量化(※3)に成功いたしました。

さらに、本フィルターに高電圧(16,000V)をかける事に成功。集塵効率の高い静電フィルターが実現しました。
回転による物理的な作用(「旋回流」「遠心力」)と、高電圧による電気的な作用で、スリムなボディーでありながら、微細な粉塵も効率よく集塵できるようになりました。

また、フィルターの交換がファンの交換ともなる本製品機構は、「ファンの汚れによるニオイ発生」の問題を危惧するお客様のお声から生まれたデザインです。

お問い合わせ先

株式会社カンキョー 企画部 広報 築山 
e-mail:tukiyama@kankyo-eco.co.jp
〒231-0005横浜市中区1-3綜通ビル6F TEL:045-664-7774
【コーポレートサイト】URL: http://www.kankyo-new.com
【製品詳細】http://turbulence.kankyo-direct.com/ 

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する