プレスリリース

琉球銀行にてサテライト研修「遠隔リアル」のトライアル実施

株式会社インソース

投稿日:2018年4月16日

サービス分野: [ 教育・人材 ]

 「働くを楽しくする」サービスを提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)はこの度、株式会社琉球銀行(本店:沖縄県那覇市、取締役頭取:川上康、証券コード:8399、以下「琉球銀行」)と共同で、東京と沖縄各地を結び、インタラクティブな研修「遠隔リアル」のトライアルを実施いたしましたことをお知らせいたします。
 
 「遠隔リアル」を用いることにより、受講者や講師の移動コストを大幅に削減することができます。また、一般的なサテライト研修では一方通行の講義がほとんどですが、「遠隔リアル」は講師とのやりとりが可能な双方向の講義となっています。

 本トライアルでは、東京の当社研修会場と琉球銀行の本店(那覇)・支店(名護・宮古)をつなぎ、講師のファシリテートのもと受講者同士で話し合うなど、拠点を超えたインタラクティブな研修が実現しました。

■受講いただいた方の声
・離れた場所で講座を受講できる事はとても良い。
・スクリーンは見えやすく、音響も十分でした。このような研修を定期的に行ってほしいと思いました。

 当社では今後とも、人事、総務をはじめとする研修ご担当者の利便性を高めるサービスを開発し、組織における「人づくり」をサポートしてまいります。

◇「遠隔リアル」とは?◇
 従来のオンラインセミナーやeラーニングのような一方通行での受講スタイルではなく、異なる拠点の受講者同士がリアルタイムでグループワークをしたり、講師に質問ができたりするインタラクティブな受講スタイルの研修


◇株式会社琉球銀行
 株式会社琉球銀行は、本年で創立70年を迎える沖縄県のリーディングバンク。「地域から親しまれ、信頼され、地域社会の発展に寄与する銀行」を経営理念に掲げ、県内を中心に59カ店(2017年9月末時点)の本支店を持つ。

以上

お問い合わせ先

【お問合せ先】株式会社インソース    http://www.insource.co.jp/index.html
(取材・広報に関して) 総務広報部(石川) TEL:03-5259-0070
(サービス内容に関して) 営業統括グループ TEL:03-5259-0070

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索