「FileMaker カンファレンス 2018」の開催を発表

ファイルメーカー株式会社

投稿日:2018年3月15日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 医療 ]

「FileMaker カンファレンス 2018」の開催を発表

【報道発表資料】
2018年3月15日

「FileMaker カンファレンス 2018」の開催を発表
2018年11月7日(水)〜9日(金)の3日間、カスタム Appの設計・構築・展開を学べる総合イベント

ファイルメーカー株式会社(東京都港区六本木)は本日、「FileMaker カンファレンス 2018」を 2018 年 11 月 7 日(水)から 9 日(金)の 3 日間、「虎ノ門ヒルズフォーラム」(東京都港区虎ノ門)にて開催することを発表しました。同カンファレンスは、ファイルメーカー社が主催する日本最大のFileMakerプラットフォーム総合イベントです。

10年目を迎える今年のFileMakerカンファレンスは、都心に位置する虎ノ門ヒルズフォーラムにて開催されます。東京駅や羽田空港からも好アクセスの立地です。アクセス至便でエリア最大級のカンファレンスセンターを会場とすることで、展示エリアが広くなり、セッション収容人数も増え、例年より多くの来場者の皆様が快適、便利にご参加いただけます。本カンファレンスでは次のようなコンテンツをご用意してお迎えします。

・米国本社FileMaker, Inc.からのスピーカーによる基調講演、製品ロードマップ
・ユーザー導入事例を紹介するビジネスセッション
・カスタム App の作成法や技術動向を解説するテクニカルセッション
・医療業界にフォーカスするメディカルセッション
・パートナー企業がブース出展する展示エリア
・参加型のワークショップ

本カンファレンスへの参加には事前登録が必要です。事前登録のお申し込みは、2018年 7 月上旬より開始します。ファイルメーカー社の公式サイト内の FileMakerカンファレンス特設ページにてメールアドレスを登録しておくと、事前登録の開始通知やイベントプログラムの詳細をメールでお知らせします。

FileMakerカンファレンス特設ページはこちら:http://www.filemaker.com/jp/conference/2018/

また、本カンファレンスのセッション内容やタイムスケジュール、ブース出展社については、ソーシャルメディアのファイルメーカー公式アカウントでも順次発表していきます。
Facebook : http://www.facebook.com/FileMaker.Japan
Twitter : http://www.twitter.com/FileMaker_Japan
Google+: https://plus.google.com/+filemakerjapan

※ カンファレンスのセッションやスケジュールは、予告なく変更になる場合があります。


【ファイルメーカー社について】
ファイルメーカー社は、iPad、iPhone、Windows、Mac、Web のすべてにわたってシームレスに動作するカスタム App を簡単に作成するための統合型プラットフォームを提供します。多くのビジネスチームが業務プロセスを効率化するために FileMaker プラットフォームを活用し、チーム全体の生産性を向上させています。米国本社の FileMaker, Inc. は Apple Inc. の子会社です。日本法人のファイルメーカー株式会社は FileMaker, Inc. の子会社です。http://www.filemaker.com/jp


© 2018 FileMaker, Inc. All Rights Reserved. FileMaker、ファイルメーカー、FileMaker Go 及びファイルフォルダロゴは、FileMaker, Inc. の米国及びその他の国における登録商標です。 FileMaker WebDirect および FileMaker Cloud は、FileMaker, Inc. の商標です。その他のすべての商標は該当する所有者の財産です。記載されている価格は税別で、予告なく変更する場合があります。

お問い合わせ先

報道関係者の方からのお問い合わせ先:
ファイルメーカー広報担当 FileMaker Press Information
E-mail: filemaker_japan_pr@filemaker.com
http://www.filemaker.com/jp/company/media

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する