人工無脳ロボット雪丸(聖徳太子の愛犬)が受付、小学校向け図書システム

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ]

人工無脳ロボット雪丸(聖徳太子の愛犬)が受付、小学校向け図書システム

人工無脳ロボット雪丸(聖徳太子の愛犬)と生徒だけで運用できる小学校向け図書システム

「雪丸」が人工無能ロボットになって図書室の受付に、行きたくなる図書室作り

詳しい資料はこちら
http://www.midway-software.net/pdf/yukimaru.pdf

1.主な特徴
(1)生徒だけで運用できる図書システム
貸出冊数が一人月平均10~15冊を超える、子供達は自ら進んで本を読むという事実
子供達自身で使えるので、図書室が人気。
図書委員の子供達がカウンターの中に入る事による社会体験
上級生と下級生のコミュニケーション

(2)雪丸が受付・図書データベースを分析して話をします。
受付アシスト、生徒名読み上げ、チャットボット
図書データベースチャットボット、定型問いかけ応答
読書状況からの応答、音声画面切り替え、紙芝居読み上げ

(3)雪丸が読み上げるデジタル紙芝居で、想像力教育
雪丸(聖徳太子の愛犬)とみーやちゃん(宮古姫平城京の母)が語ってくれる紙芝居
「紙芝居は道徳を伝えていた」継承すべき部分を残し、最新技術を加える
想像力のための基本的なトレーニングはストーリーの語り(物語)を聞くこと。
想像力は、経験に意味を、知識に理解を提供する助けとなり、人間が物事や現象を理解するた
めの基本的な能力の一つである。また、学習の過程においても補完的な役割を果たす。

2.ソフトウェア機能概要
(1)窓口業務機能一覧
かりる、かえす、さがす
雪丸紙芝居、AI雪丸設定
例外貸し出し、特別貸し出し

(2)管理業務機能一覧
蔵書検索・登録
貸出リスト・督促管理
予約機能・一覧
会員一覧 会員登録、学年上げ
各種分析
個人履歴
クラス別一覧
棚卸し

3.価格表
ご利用人数 |月額 |一人当たり |イニシャル |契約年数
100人以下 |20,000円 |200円 |2ケ月分 |ご契約期間は1年から、以降自動更新。
300人以下 |30,000円 |100円 |2ケ月分 |ご契約期間は1年から、以降自動更新。
600人以下 |50,000円 |83円 |2ケ月分 |ご契約期間は1年から、以降自動更新。
600人以上 |70,000円 |83円以下 |2ケ月分 |ご契約期間は1年から、以降自動更新。

お問い合わせ先

電子メール office@midway-software.net
担当 中川

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する