ドローン空中写真測量支援アプリ『Drone-ize YDN PRO』のリリース

株式会社トリプルアイズ

投稿日:2017年11月22日

サービス分野: [ IT技術 ]

 本アプリケーション『Drone-ize YDN PRO』は、国土交通省が定めるi-Construction基準に準拠した、ドローンによる空中写真測量を支援します。アプリケーションから、ドローンを制御しi-Construction基準に合うよう自動飛行ルートの作成を行い、誰でも簡単な操作で自動飛行と自動撮影を実現します。これにより、熟練飛行士の手配やi-Construction基準に準拠した撮影のノウハウが不要となり、更に報告資料作成の手間も大幅に省くことができます。
 トリプルアイズは、当アプリケーションの販売目標として2018年度に1,000ダウンロードを目指します。

■『Drone-ize YDN PRO』の特徴
1.国内初の i-Constructionに対応した、ドローン空中写真測量支援アプリケーション
2.ドローンの自動飛行による写真測量および帳票出力を自動で行い簡便

■『Drone-ize YDN PRO』の主な機能
1. i-Construction基準の写真撮影
 ドローン選択後、飛行範囲を選択するだけで、ラップ率まで計算された飛行計画と自動航行
2.帳票出力
 飛行時間、飛行距離、総撮影枚数、総撮影範囲、高度などを簡単に帳票に出力しクライアントに提出
3.作業効率
 ラップ率、飛行速度、高度など、i-Construction基準に対応するポイントはすべてアプリケーションで可能

※ドローンは、DJI社製のみ対応

■販売および価格
1.AppStoreよりダウンロード
 https://itunes.apple.com/jp/app/drone-ize-ydn-pro/id1254360292?mt=8
2 価格は34,800円(税込)

お問い合わせ先

■お問合せ
 株式会社トリプルアイズ 経営管理本部 企画部 広報課 03-3526-2201
 山川美沙 yamakawa@3-ize.jp

 

株式会社トリプルアイズによるその他のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する