データセンター専用熱対策シミュレーションツール「IDC Visualizer」発売開始! 

有限会社アルフォンス

投稿日:2011年8月10日

サービス分野: [ 環境・エネルギー・エコ ] [ IT技術 ]

データセンター専用熱対策シミュレーションツール「IDC Visualizer」発売開始! 

「IDC Visualizer」は初の「日本製データセンター向け熱流体解析ソフト」として、インターフェイスの日本語化はもとより、同様の海外製品にはない数々の新機能も搭載。
空調効率の改善、各種省エネ施策の検討など、様々なニーズに対応可能です。 

CPUの高性能化による「発熱量の増加」や、サーバーの「高集積化」により、データセンターにおける電力使用量は増加傾向にあり、その一方で改正省エネ法や東京都環境確保条例などにより、エネルギー使用量の法規制が強化され、ますます「省電力」、「温熱対策」のニーズは強く求められています。
そのためには、データセンター内のICT機器からの、時々刻々と変化する発熱状態を的確に捉え、冷却空気が「効率的」に「必要な箇所」に分配し、排熱がスムーズに空調機に戻るよう、空調気流を適切に計画・設計することが必須となります。

これらの様々な問題に対し、「IDC Visualizer」は解決策を提案いたします。

大幅なエネルギー削減と空調効率の改善策や、停電や空調機の故障時および、復電してからの室温の経時変化(業界初)や、温熱環境も計算出来る機能も搭載しております。

「IDC Visualizer」のリリースにあわせて、デモンストレーションを東京と大阪で開催しております。
出張デモをご希望の場合は、「東京オフィス」までご連絡ください。

(有)アルフォンスは、「IDC Visualizer」の他、「熱流体解析」、「データ可視化」、「簡易コンター図作成」、「大型プリプロセッサ等のソフトウェア開発」を通じて、これからも省エネと費用の削減に貢献させていただきます。

●「IDC Visualizer」関連資料
URL:http://www.kitec.co.jp/idc/idcvisualizer.html

●「IDC Visualizer」の概要
■機能
1)モデリング
サーバー、空調機、PDUを専用のアプリケーションでデータベースへ登録
解析時に対象のサーバールーム内に配置するだけの簡単なモデリング
2)空調制御
CRAC 吹出し温度 / CRAC 空間温度【CAV・VAV】
AHU 吹出し温度 / AHU 空間温度【CAV・VAV】
VAV(変風量):サーバや空調機を状況に合わせて変風量制御します
3)換気効率指標の計算
■空調機・サーバーの空気齢  ■空調機吹出し勢力範囲
■空調機吸込み勢力範囲    ■空気余命
4)停復電計算
停電や空調機の故障だけでなく、復電してからの室温の経時変化や温熱環境を計算
5)スタンバイ計算
待機、故障時の対応
6)CADデータの取込
DXF、STLなど

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ先】
有限会社アルフォンス
・[大阪オフィス]
〒570-0081 大阪府守口市日吉町2丁目3番5号
TEL&FAX : 06-6926-2813
e-mail : support@alfons-inc.com

【デモンストレーションの受付先】
・[東京オフィス]
〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目15番24号 成田ビル5F
TEL : 03-3341-7680
e-mail : support@alfons-inc.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する