株式会社アクトシステムズ、基幹業務システムに「ZAC」を採用

株式会社オロ

投稿日:2022年9月14日

サービス分野: [ IT技術 ] [ その他(ERP) ]

株式会社アクトシステムズ、基幹業務システムに「ZAC」を採用

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田篤、以下オロ)は、株式会社アクトシステムズ(北海道 代表取締役 齊藤 清、以下アクトシステムズ)がオロのクラウドERP「ZAC」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。

アクトシステムズは、病院向け電子カルテシステム、リハビリテーション支援システム、 健診支援システムに加え、公団体の財務会計・公営企業会計といった製品の開発・販売・運用支援の他、システムの受託開発や保守を手掛け、病院や公団体のITにおける業務効率化や運用改善をシステム面からサポートしています。

同社では、自社開発システムが老朽化しており、Excelによるデータの集計が煩雑になっているという課題がありました。あわせて予実管理を実施し、データを活用した経営分析を行いたいと考えていました。選定にあたっては、システムによりデータ集計を効率化できる点、人別や案件別など、これまで以上に精緻な工数管理ができる点、売上に対して労務費や外注費といった複数の原価を紐づけ、案件単位で予算と実績をリアルタイムに把握できる点が評価されました。

ZAC導入によって、案件の売上に外注費、労務費などの複数原価の紐付けた管理が可能になり、リアルタイムかつ正確な損益を可視化します。工数管理の面では、「どの案件に」「誰が」「何時間」関わっているのか、という詳細な管理が手集計の手間なくできるため、案件の進捗状況や収益状況にあわせたアサイン管理が実現します。また画面上で稼働工数の予実管理ができるため、社員の採算意識向上にも寄与します。


■「ZAC」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1.システムを活用し、データ集計を効率化できる点
2.人別や案件別など、精緻な工数管理ができる点
3.売上に複数の原価を紐づけ、案件単位で予算と実績をリアルタイムに把握できる点


------------------------------------------------------
【ZACについて】
https://www.oro.com/zac/

【ZAC導入事例インタビュー】
https://www.oro.com/zac/casestudy/
-------------------------------------------------------




オロは今後もシステム開発業での実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。

お問い合わせ先

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:布施
TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する