メキシコ現地法人の支店として新事務所開設

日精樹脂工業株式会社

投稿日:2017年4月24日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 海外・グローバル ]

メキシコ現地法人の支店として新事務所開設

射出成形機メーカーの日精樹脂工業㈱(社長・依田穂積、本社・長野県埴科郡坂城町)は、メキシコの中央高原エリアにおける販売強化と顧客サービスの充実を目的に、メキシコ販売現地法人「Nissei Mexico, S.A. De C.V.」の支店として、ケレタロ州に新事務所を開設、5月より営業を開始します。

現在、メキシコのプラスチック成形加工業界では、工場進出ラッシュによる人材不足に伴い成形加工に携わるスタッフの教育・研修に対するニーズが高まっています。
このため、ケレタロの新事務所は、営業業務だけでなく、成形加工技術に関する教授やアドバイスを行うことで顧客サービスの充実を図るため、事務所の一角に教育・研修のスクーリング機能を有するテクニカルセンターの設置も予定しており、よりきめ細かなユーザーサービスを行います。

メキシコでは、米国との国境周辺に自動車産業が集中していましたが、近年は中央高原エリアにおいても自動車産業を中心とした工場進出が顕著になっています。
これまで当社は、この地域における営業・サービス活動をメキシコシティの現地法人本社からの出張で対応してきましたが、今回事務所を開設するケレタロは、この中央高原エリアに位置し、モンテレーとサンルイスポトシを経由してメキシコシティを結ぶ南北回廊の中心地であると同時に、レオンやアグアスカリエンテスへ通じる東西回廊の東の入り口でもあることから、更なる営業機会の獲得や緻密なサービス対応が可能となります。
また、米国テキサス州に建設中の新工場からもモンテレー経由でほぼ一直線につながることから、物流の面でも至便の要所であります。

同事務所は、当面、日本人スタッフ1名、現地スタッフ5名の計6名で業務を開始します。

当社のメキシコにおける販売拠点配置は、1992年メキシコシティに駐在員事務所を開設した後、1993年には駐在員事務所を現地法人化、そして1999年モンテレーに、2001年グアダラハラに、それぞれ支店を開設しており、ケレタロで3つ目の支店となります。

【ケレタロ新事務所】
名 称:Nissei Mexico, S.A. De C.V. Queretaro Office
所 長:飯島 彰
所在地:Parque Tecnologico Innovacion Queretaro(PTIQ)工業団地内
Kilometro 2.2 De La Carretera Estatal 431 Hacienda La Machorra, Municipio De El Marques, Queretaro 76246, Mexico

お問い合わせ先

日精樹脂工業(株)
担当:経営企画部 小井土
電話:0268(81)1014
本社:長野県埴科郡坂城町南条2110

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する