株式会社マップクエスト

ドローン研究向けGISエンジン無償提供のご案内 ~GISのマップクエスト~

#ものづくり #IT技術

ドローン研究向けGISエンジン無償提供のご案内 ~GISのマップクエスト~
GIS開発の株式会社マップクエスト(本社:愛知県豊橋市 代表取締役社長:佐藤亮介)は、
ドローン事業化推進のために研究や実証実験用途に対してGIS開発ツール『MapQuestDotNET』を
無償でご提供いたします。

無償提供対象製品:http://www2.mapquest.co.jp/campaign/navi.ashx?gid=N170127DroneXGIS_1&ref=/products/engineMqnet.html

近年、ドローンは産業利用による大きな経済波及効果が期待されています。
研究活動が進むにつれドローンの運行管理をはじめとしてGIS活用の需要も高まってきております。
そこでマップクエストでは、GIS連動の研究活動を支援させていただくため、
弊社のGIS開発ツールを無償提供するキャンペーンを実施いたします。

提供条件や受付期間について、弊社HPのニュースページをご覧ください。
 
リンク:http://www2.mapquest.co.jp/campaign/navi.ashx?gid=N170127DroneXGIS_2&ref=/relation/news/20170127_002.html

――――――――――――――
 お問い合わせはこちらから
――――――――――――――
http://www2.mapquest.co.jp/campaign/navi.ashx?gid=N170127DroneXGIS_3&ref=https://form.k3r.jp/mqjp/inquiry


【会社概要】http://www.mapquest.co.jp/
◇名称   株式会社マップクエスト
◇所在地  愛知県豊橋市大岩町下渡27-1
◇設立   1992年2月
◇資本金  6,000万円
◇代表者  代表取締役社長 佐藤亮介
◇事業内容
 GISエンジン「MapQuest」の開発・販売
 GISコンサルティングと「MapQuest」を利用した顧客ソリューションの開発・販売
-----------------------------------------
<本件に関するお問合せ先>
株式会社マップクエスト
TEL:0532-43-0400
FAX:0532-43-0433
〒441-3147 愛知県豊橋市大岩町下渡27-1
Twitter:http://twitter.com/MQJP
-----------------------------------------


【お問い合わせ先】

株式会社マップクエスト
TEL:0532-43-0400
FAX:0532-43-0433
〒441-3147 愛知県豊橋市大岩町下渡27-1
Twitter:http://twitter.com/MQJP

株式会社マップクエストのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。