株式会社VOYAGE GROUP

VOYAGE GROUPとSV FRONTIER、「SV-FINTECH Fund」を組成

#IT技術 #海外・グローバル #その他(フィンテック)

VOYAGE GROUPとSV FRONTIER、「SV-FINTECH Fund」を組成
プレスリリース
2017年1月24日
株式会社VOYAGE GROUP
-----------------------------------
VOYAGE GROUPとSV FRONTIER、FinTechスタートアップ向けの「SV-FINTECH Fund」を組成
~日米のFinTechスタートアップ企業への投資と、LPの事業開発支援も実行~
https://voyagegroup.com/news/press/01_20170124_01
-----------------------------------

株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典、以下「VOYAGE GROUP」)と、シリコンバレーを中心にベンチャー投資とビジネス開発を行うSV FRONTIER(カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO:鈴木 陽三)は、2017年1月、主に日米のFinTechスタートアップ企業を対象とした投資ファンド「SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合」(通称「SV-FINTECH Fund」)を立ち上げました。

「SV-FINTECH Fund」の運営は、両社が合弁で新設したSV-FINTECH1号有限責任事業組合がジェネラル・パートナー(GP)として行います。「SV-FINTECH Fund」には、リミテッド・パートナー(LP)として、すでに株式会社QUICK(東京都中央区、代表取締役社長:吉岡 昇)および横河レンタ・リース株式会社(東京都武蔵野市、代表取締役社長:金川 裕一)の参加が決定しており、今後、追加で5社から10社の出資者を募り、20億円規模のファンドを組成する予定です。また「SV-FINTECH Fund」では、FinTech分野における国内外のスタートアップ企業への投資実行だけではなく、LPのFinTech分野への取り組みを積極的にサポートし、LPの事業開発支援も行っていきます。

VOYAGE GROUPではこれまで、インキュベーション事業としてFinTech領域に取り組み、ポイント交換やBitCoin交換などの自社サービスの運営や、Fintech関連企業にも積極的に投資してまいりました。2016年1月には、FinTechに関する研究開発組織「FinTech Lab」を立ち上げ、FinTech領域におけるノウハウの蓄積やネットワーキングに取り組んできました。

一方、シリコンバレーを中心にベンチャー投資とビジネス開発を行うSV FRONTIERのCEO鈴木氏は、3年間で約6社の米国IT企業の日本進出を支援しており、近年、日本の金融関連企業から、シリコンバレーの最新FinTech事情に関する相談が増えていました。


そこでこのたび、インターネット領域における事業開発実績のあるVOYAGE GROUPと、米国FinTech事情に精通し、投資と事業開発の実績を持つSV FRONTIERが共同で「SV-FINTECH Fund」を立ち上げました。なお米国サンフランシスコにおけるアドバイザーとして、FinTech専門の現役弁護士であり、個人投資家やカリフォルニア大学バークレー校の非常勤講師としても活躍しているトム・ブラウン氏の参画も決定しております。同氏がこれまでに投資してきたFinTechベンチャーは以下の通りです。
※オルタナティブ・レンディング(Fundbox, Fundera, Upstart, Mines.io, ZestFinancing)、ペイメントやウォレット(Abra, Digit, LevelMoney, Sipree, Zooz)、自動預金(Chime, Longgame)、ギフトカード(LoopCommerce)

「SV-FINTECH Fund」は、大きな変革期を迎えた金融業界で、各LPが直面している経営課題や事業戦略を把握した上で、FinTech分野における日米の優良なスタートアップ企業に投資を行うだけでなく、投資先やLPとの協業によるサービスや事業の開発支援も行っていきます。また、アメリカの最新事例の研究と企業の壁を越えたオープン・イノベーションを加速させる目的で、2017年夏に、GPとLP限定で、サンフランシスコおよびシリコンバレーにおける約3ヶ月間のFinTech集中合宿プログラムを実施いたします。


【「SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合」概要】
・ファンド名称
SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合(通称「SV-FINTECH Fund」)
・ジェネラル・パートナー(GP)
SV-FINTECH1号有限責任事業組合
※VOYAGE GROUPとSV FRONTIER鈴木 陽三氏が共同GP、トム・ブラウン氏がアドバイザーとして参画
・リミテッド・パートナー(LP)
VOYAGE GROUP、SV FRONTIER、国内事業会社、国内金融機関
・ステージ
日本:シードステージ、北米:ミドルステージ
・領域
FinTechに集中
・地域
東京・サンフランシスコ・シリコンバレー・ニューヨークを中心に、有望なFintechベンチャーに投資
・URL
http://www.sv-fintech.com/


【株式会社VOYAGE GROUP】 http://voyagegroup.com/
代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典
取締役CFO:永岡 英則
取締役CCO:青栁 智士
取締役:古谷 和幸/戸﨑 康之
監査役:野口 誉成
設立:1999年10月8日
資本金:10億円(2016年9月末時点)
所在地:東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8階
事業内容:アドプラットフォーム事業/ポイントメディア事業/インキュベーション事業

【お問い合わせ先】

【報道関係者お問い合せ先】
株式会社VOYAGE GROUP 広報・IR室 広報担当
TEL:03-5459-1044  FAX:03-5459-4223  
お問い合わせフォーム: https://contact.voyagegroup.com/pr/ 

【株主・投資家お問い合わせ】
株式会社VOYAGE GROUP 広報・IR室 IR担当
TEL:03-5459-4226
お問い合わせフォーム: https://contact.voyagegroup.com/ir/

株式会社VOYAGE GROUPのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。