サーキュレーション×共同通信グループ協賛 海外展開を検討する企業向け海外事業力育成セミナー開催

株式会社サーキュレーション

投稿日:2016年8月30日

サービス分野: [ ものづくり ] [ コンサルティング ] [ 海外・グローバル ]

サーキュレーション×共同通信グループ協賛 海外展開を検討する企業向け海外事業力育成セミナー開催

株式会社サーキュレーション(所在地:東京都千代田区丸の内、社長:久保田雅俊)は、株式会 社エヌ・エヌ・エー(日本共同通信グループ)の協賛にて、「海外事業力育成セミナー 次世代 経営幹部を育てる」を 9 月 9 日に開催いたします。 本セミナーでは、自社主導による本格的な市場進出を始められる製造企業向けに、事業戦略のポ イントと人材育成の要諦を解説致します。
日本企業が海外進出する際の、進出時期や注力すべき戦略課題、よくある誤解、迷走について、 さらには進出期に力を発揮する人材や、海外事業で経営人材を育てる為には、といったテーマに ついて解説いたします。


【セミナー概要】
開催日 :9 月 9 日(金)14:00〜16:00(受付開始 13:30〜)
会場 :〒100-0005 東京都千代田区丸の内 1 丁目 1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー3 階 コン ベンションルーム AP 東京丸の内
地図 :https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-marunouchi/ma-base/
参加費 :3,000 円
定員 :50名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。 協賛 :株式会社エヌ・エヌ・エー(日本共同通信グループ)

参加申し込みは以下からご応募いただくか、担当者にご連絡ください
http://ptix.co/2aResYi


【対象となる方】
・今後海外に事業を拡大していきたい企業の経営者様 ・海外展開に課題をお持ちの企業の経営者様
・海外管掌役員及び、派遣幹部

【セミナーアジェンダ】
13:30- 開場
14:00-16:00 開会の挨拶 講演
海外事業力育成セミナー 第一回:製造業/進出編
株式会社パンアジア アドバイザーズ 代表取締役 椿 高明
16:00 閉場

※スケジュールやプログラムは、当日の進行状況により変更される場合がありますので、予めご了承願い ます。


【登壇者】
椿 高明氏 (株式会社パンアジアアドバイザリーズ 代表取締役) 経営戦略の助言を専門とするボストンコンサルティンググループおよびドリームインキュベータの実力派 メンバーを中心に 2008 年にパンアジアアドバイザリーズを設立。日本企業の海外進出支援を専門とするコ ンサルティングを提供。中国、東南アジア、インドはもとより、トルコ、西欧・東欧、アフリカを含む主 要各市場で、力量の高い現地パートナーと緊密に連携しながら、過去 8 年で 120 超のプロジェクトを支援 してきた。近年では、新たに進出するプロジェクトばかりではなく、進出して 10 年を超える現地組織のて こ入れ、ローカル顧客開拓や顧客満足度向上、現地経営人材の採用育成など最先端の経営課題に、この分 野のパイオニアとして、現地社長・本社役員と一体になって取り組んできている。

株式会社サーキュレーションについて
2014 年設立以来「世界中の経験と知見が循環する社会の創造」の理念のもと、企業と個人をつなぐことで 革新的で新しい価値を創り出すオープンイノベーションを実現しています。コンサルタントチームが企業 の抱える経営課題に対して適切な人材をマッチングし、実働支援により課題解決を行います。2016 年 6 月 時点で、約 10,000 名の人材登録、コンサルティング実績は 400 社/1,000 プロジェクトを超えています。

会社名:株式会社サーキュレーション 代表取締役 久保田雅俊
所在地:東京都千代田区丸の内 2-2-1
設 立:2014年1月6日
事 業:ビジネスノマド、シニアエクゼクティブによるオープンイノベーションサービス URL:http://www.circu.co.jp/

お問い合わせ先

―――――――――――本イベントに関するお問い合わせ先――――――――――― イベント参加申し込み先
http://ptix.co/2aResYi
その他お問い合わせ先
株式会社 サーキュレーション 広報:植木 祐理子 TEL:03-6256-0467 FAX:03-6256-0476 Email: public_relations@circu.co.jp


 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する