東京大学が最新のスーパーコンピュータでメラノックスのEDR InfiniBandを採用

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ]

東京大学が最新のスーパーコンピュータでメラノックスのEDR InfiniBandを採用

データセンターにおけるサーバやストレージシステム向けにエンドトゥエンドのインターコネクトソリューションを提供するトップベンダーであるメラノックステクノロジーズ社(Mellanox(R) Technologies, Ltd., NASDAQ: MLNX)は、本日、東京大学情報基盤センターに導入された最新のスーパーコンピュータで計算科学・工学やデータ解析のパフォーマンスを向上させるために、Switch-IB(TM) 2 EDRスイッチシステムならびにConnectX(R)-4アダプタが採用されたことを発表しました。

「メラノックスのSwitch-IB 2スマートスイッチにより、ネットワーク内コンピューティングが使用できるようになり、ネットワーク機器によるデータアルゴリズムの管理ならびに実行が可能となります」と、メラノックステクノロジーズ社マーケティング担当副社長ギラッド・シャイナーは述べています。「100Gb/sのEDR InfiniBandにより、パフォーマンス、スケーラビリティ、システム効率の最大化が可能となり、東京大学が様々な研究や科学的発見の中心的存在になるものと考えています」

「東京大学における最新のスーパーコンピュータシステムにメラノックスのInfiniBandハイパフォーマンスソリューションが導入されたことをうれしく思います」と東京大学情報基盤センター長中村宏教授は述べています。「この最新のシステムは、現在手がけている研究を前進させ、計算科学・工学、計算機科学、データ解析、マシンラーニング(機械学習)等の分野において実施される様々な研究を発展させるキーとなります」

メラノックスのInfiniBandアダプタ製品により、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、エンタープライズデータセンター、Web 2.0、クラウドコンピューティング、組込み機器など様々なマーケットで最高のパフォーマンスを実現することが可能となります。世界初のスマートスイッチを実現するSwitch-IB 2を搭載したメラノックスの100Gb/s EDRスイッチでは、アプリケーション、ソフトウェア、ハードウェアのより一層の協調(Co-Design)を実現するSHArP(Scalable Hierarchical Aggregation Protocol)テクノロジーにより、ネットワーク内コンピューティングが可能となります。Switch-IB 2により、最大7テラビット/秒のノンブロッキングバンド幅、90ナノ秒のポート間レイテンシー、ポートあたり1億9,500万メッセージ/秒という最高のファブリックパフォーマンスが実現されます。

東京大学の情報基盤センターは日本でも有数の研究、教育機関で、大型のコンピュータシステムの構築、運用がその重要なミッションとなっています。東京大学情報基盤センターは、日本を代表する8つの大学のスーパーコンピュータからなる学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点(JHPCN)の中核拠点となっています。今回稼働を開始した最新のシステムはマシンラーニング、人工知能や様々な分野の研究など先進的な学術調査の任務を負う将来的なスーパーコンピュータシステムのテスト環境としても使用されます。

関連情報

●東京大学情報基盤センター
http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/

●JHPCN
https://jhpcn-kyoten.itc.u-tokyo.ac.jp/ja/

●Twitter、Facebook、Google+、LinkedIn、YouTubeの各メディアでメラノックスの最新情報をご確認ください。
https://twitter.com/mellanoxtech
https://www.facebook.com/MellanoxTech
https://plus.google.com/+mellanox#+mellanox/posts
http://www.linkedin.com/groups?home=&gid=2615229&trk=anet_ug_hm
http://www.youtube.com/mellanox

●メラノックスに関する情報交換スペース、メラノックスコミュニティにぜひご参加ください。
http://community.mellanox.com/welcome

メラノックスについて

メラノックステクノロジーズ社は、InfiniBandならびにEthernetのエンドトゥエンドインターコネクトソリューションを提供するとともに、サーバ、ストレージ、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ向けにサービスを提供するリーディングカンパニーです。メラノックス社のインテリジェントなインターコネクトソリューションにより、最高のスループット、最小のレイテンシーが実現し、データセンターの効率が向上します。アプリケーションにデータが高速に伝達されるため、システムのパフォーマンスを最大限向上させることができます。メラノックスはマルチコアプロセッサ、ネットワークアダプタ、スイッチ、ケーブル、ソフトウェア、シリコンといった様々なハイパフォーマンスソリューションを提供しており、これらの製品により、アプリケーションのパフォーマンスが向上し、HPC、データセンター、Web 2.0、クラウド、ストレージや金融といったさまざまな市場において業績の最大化を実現しています。

メラノックステクノロジーズに関する詳しい情報は、 http://jp.mellanox.com または http://www.mellanox.com でご確認ください。

###

Mellanox、ConnectX-4はメラノックステクノロジーズ社の登録商標です。記載されているその他の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
メラノックス テクノロジーズ ジャパン株式会社
160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-45 KDX西新宿ビル 1F
Tel: 03-5937-3116
Fax: 03-5937-3117
担当:富澤圭子
URL: http://jp.mellanox.com
Facebook:https://www.facebook.com/mellanoxjapan/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する