アテイン株式会社

日本語能力試験eラーニング対策講座を中国語字幕付で提供開始

#IT技術 #教育・人材 #アジア・新興国

日本語能力試験eラーニング対策講座を中国語字幕付で提供開始
日本語eラーニング制作、日本語能力試験eラーニングサイト運営のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル、電話:03-3255-4721、代表取締役:本多成人、資本金:1億1470万円)は、映像教材「オンライン日本語 入門編」中国語字幕版を制作開始しました。「日本語能力試験学習 N5コース」、「日本語能力試験学習 N4コース」、「日本語能力試験学習 N3コース」、「日本語能力試験学習 N2コース」、「日本語能力試験学習 N1コース」を、順次中国語字幕版で8月中旬から提供開始します。

弊社はこれまで制作してきた、外国人のためのeラーニング日本語映像教材の中国語字幕版を、中国語を母国語とする方々へ向け制作開始いたしました。
学習者が使用するスマートフォンやタブレット等のモバイル端末へ教材を配信したい場合には、モバイル対応のLMS(教育管理システム)の提供も可能です。
価格は、利用人数やご利用期間などによって異なりますので、お問い合わせください。

「オンライン日本語」シリーズは 弊社オリジナルの日本語学習教材であり、世界中で受験・認定されている日本語能力試験のレベルに合わせて制作されています。中国語版では、ナレーション全てに中国語の字幕が付いております。漢字に馴染みが無い国の方でも勉強ができるように、すべての漢字の上に、ひらがなのルビが付いています。教材にテキストのデータが付属されているので、印刷して予習・復習・練習に活用できます。

以下のタイトルを順次公開予定

教材名:
「オンライン日本語 入門編(全12課)中国語字幕版」(約5時間39分)
「オンライン日本語 漢字編(全9課)中国語字幕版」(約6時間38分)
「外国人のための日本語能力試験学習 N5コース(全15課) 中国語字幕版」(約21時間)
「外国人のための日本語能力試験学習 N4コース(全15課)中国語字幕版」(約13.5時間)
「外国人のための日本語能力試験学習 N3コース」(全10課)中国語字幕版」(約10時間)
参考サイト
外国人のための日本語能力試験学習 法人向け
http://www.attainj.co.jp/online-nihongo/services-for-corporate-customers.html
日本語教育実力養成コース
http://www.attainj.co.jp/nihongo/
掲載されている会社名・商品名・サービス名は各社の商標または登録商標です。

【お問い合わせ先】

アテイン株式会社 広報 金 秀麗
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル
Tel.03-3255-4721 Fax .03-3255-5680 http://www.attainj.co.jp/
E-mail info@attainj.co.jp

アテイン株式会社のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。