株式会社エフレジ

株式会社エフレジは、大阪市立大学に「F-REGI払込支払い」を提供、証明書発行のオンライン決済を開始

#IT技術 #教育・人材 #その他(業務提携)

株式会社エフレジは、大阪市立大学に「F-REGI払込支払い」を提供、証明書発行のオンライン決済を開始
 株式会社エフレジ( 本社:京都市下京区、代表取締役:杉本 和彦、以下:エフレジ )は公立大学法人大阪市立大学( 所在地:大阪市住吉区、理事長:荒川 哲男、以下:大阪市立大学 )に、「 F-REGI払込支払い 」を提供し、2016年4月1日( 金 )より証明書発行手数料のオンライン決済を開始いたしました。

< 大阪市立大学 公式WEBサイト >
( URL )http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/graduate/attestation

 これまで各種証明書の取得希望者は、大学担当窓口での現金払い、郵送による定額小為替等での手続きに支払方法が限られていました。今回、エフレジが提供する「 F-REGI 払込支払い 」の導入により、大阪市立大学のWEBサイト( 上記URLご参照 )からリンクしている証明書発行手数料支払い専用受付画面にアクセスし、パソコン・スマートフォンなどで、時間、場所を問わずVisa、MasterCard、JCB、American Express といった国際ブランドのクレジットカードを利用して証明書発行手数料を支払うことができます。また、通常のクレジットカード利用と同様に、カード会社が提供するポイントが付与されます。その他、コンビニエンスストア・Pay-easy決済を利用して支払うことができます。
※ 申請書については別途提出が必要です。また各種証明書は、郵送による受取となります。

< F-REGI 払込支払いについて >

 「 F-REGI 払込支払い 」は、インターネットを介して申込受付画面から情報管理機能さらには多様な決済手段を搭載した、決済代行会社が唯一提供するASP型トータルサービスです。
 教育機関向けには、検定料・入学金・学費などのクレジットカード決済をはじめ、コンビニエンスストア、Pay-easy決済に標準対応しており、利用者の多様な決済ニーズに応えることのできる環境を提供できます。
 導入検討前から運用中の全てを当社一社でサポートしておりますので、国公立大学法人・学校法人のご担当者様には負担を感じさせることなく導入・運用・管理を実現いただいております。
 また、教育機関側にクレジットカード情報を直接取り扱う必要がないため、クレジットカード情報漏えいのリスクを負うことなく導入することができます。

【お問い合わせ先】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

< 本リリースに関する報道機関からの問い合わせ先 >

■ 株式会社エフレジ
京都本社 広報担当:土手下( どてした )・藤野   TEL:075-255-3737( 代表 )
E-Mail:info@f-regi.com / URL:http://www.f-regi.co.jp/

株式会社エフレジのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。