基幹業務アプリケーション「みまさか2011」リリース

サービス分野: [ IT技術 ] [ 海外・グローバル ]

当社子会社であるインフォメーションサービスフォース株式会社(東京都新宿区、代表取締役小澤勝)は、基幹業務アプリケーション・ソフトウェア「みまさか」シリーズの最新バージョンとなる「みまさか会計2011」、「みまさか販売2011」「みまさかメディア管理2011」、「美作2011」をリリースし、新規受注を開始しました。

当バージョン「みまさか2011」は64bit版Windowsの環境で動作するため、従来の「みまさかⅡ」に比較して実行時のパフォーマンスが飛躍的に向上しました。64ビットOSに対応することによって、最大128GBへと大幅に拡張された物理メモリを活用して大量のデータを効率的に扱えるようになり、さらにキャッシュ容量の増加などによってソフトウェアの実行速度向上が期待できます。また、引き続き32bit版Windowsにも対応しているため、Windows XPとWindows7が混在するネットワーク環境に導入することもできます。日本語開発環境プラットフォーム「美作2011」も、64bit版Windowsに対応しており、日本語によって64bit版Windowsアプリケーション・ソフトウェアをプログラミングすることができます。

基幹業務アプリケーション「みまさか」シリーズは常に最新のWindows環境でシステムを実行できる様、バージョンアップをおこなっており、これからもOSの世代を超えて継続して利用することができます。

【みまさかシリーズ概要】
「みまさか」シリーズは、日本語開発環境プラットフォーム「美作」によって開発された基幹業務アプリケーション・ソフトウェアで、導入後も容易にカスタマイズできる利点があり、頻繁な仕様変更が生じても低コスト短納期で対応することができます。導入後も、カスタマーサポートを受けることができ、オペレーション・ミスやシステム・ダウンが生じた場合に遠隔操作によって復旧するサービスも用意されています。1994年の発売以来、美作によって開発されたアプリケーション・ソフトウェアの導入実績は、全国1,500社以上ございます。導入事例はホームページ(http://www.isforce.jp)をご覧ください。

【製品名および特長】
・みまさか会計2011 伝票検索、部門管理、セグメント管理、承認権限などの機能に優れた財務会計、管理会計ソフトウェア。みまさか販売と連動可能。
・みまさか販売2011 見積、受注、出荷、請求、入金、分析の基本機能に加えて、ロット管理、商品追跡(トレーサビリティ)、承認権限などの豊富な機能をカスタマイズできる販売管理ソフトウェア。みまさか会計と連動可能。
・みまさかメディア管理2011 バーコードおよびRFIDによって倉庫内の在庫資産や情報資産の貸出と棚卸を管理する資産管理ソフトウェア。ISMSおよびPマーク取得時の情報資産管理体制を構築することができます。
・美作2011 ソフトウェアを「美しく作る」ことを目指した日本語開発環境プラットフォ
ーム。GUIによる高い生産性が特徴で、データベースと連携したフォームの作成、自由度の高い帳票設計、3層構造によるシステム構築が可能。

【対応OS】
・Windows Server2008 R2/Windows Server2008 SP2/Windows Server2003 SP2

お問い合わせ先

【本件に関するお問合せ先】
インフォメーションサービスフォース株式会社
プロダクト・ビジネス事業部 山口・首藤
東京都新宿区西新宿7-3―4 ASSORTI西新宿5階
電話/FAX:03-5332-6831/03-5332-6832
ホームページ:http://www.isforce.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する