小日向 京氏監修、一文字ずつ文字を書くことを愉しむ 「飾り原稿用紙」に新色を追加

株式会社あたぼう

投稿日:2015年11月20日

サービス分野: [ ものづくり ] [ その他(文房具) ]

小日向 京氏監修、一文字ずつ文字を書くことを愉しむ 「飾り原稿用紙」に新色を追加

■新色開発の経緯

 当飾り原稿用紙は、これまでのシンプルな原稿用紙や、文豪が使ったというような原稿用紙と一線を画した、書くことを愉しむことをねらった原稿用紙として開発、販売しました。発売時、4色での展開をしておりましたが、その後、ユーザーから「新色」を望む声が強く、また、当社としても現状4色で一定の支持をいただいていると認識し、市場拡大のため、新色開発に着手し、この度、発売に至りました。

■商品詳細

 この度、追加する新色の「飾り原稿用紙」は、「港煉瓦」です。
 港煉瓦は、横浜や神戸に現存する煉瓦倉庫をイメージした商品で、デザインもぐっと重い感じに仕上げてあります。デザインは、現状の4色をデザインしたhoririum氏に依頼しています。また、今回もライターの小日向 京氏に監修いただいております。
 煉瓦のイメージは、神戸煉瓦倉庫の「イギリス積み」をイメージしており、また色合いは日本の伝統色として「煉瓦色」を選択しています。四隅の角や真ん中の魚尾などもオリジナルでデザインしています(horirium氏や小日向氏はこのデザイン作業を「積む」と表現していました)。煉瓦の一つ一つの大きさは、実在する煉瓦のサイズを測ったり、JIS規格を調査して現実のものを縮小した寸法にしたりするなどのこだわりがあります。また、今回の港煉瓦でも5文字、5行単位でカウントが容易にできるように、デザイン上に目盛りも採用しています。

■販売について

 今回、この「港煉瓦」は、煉瓦つながりということで、NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店にて、先行販売を実施します。その後、当社ネットショップ、およびその他の販売店へと広げていく予定です。


■仕様等
サイズ:A4 文字数:400字詰め 紙:キンマリSW(スノーホワイト)

■JAN、型番、価格等
名称 飾り原稿用紙 港煉瓦
JAN 4582486340482
型番 GK-0005
内容量 50枚(単色)
価格(税別) 480円

■発売予定日
2015年11月28日(NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店 先行発売)
その後、ナガサワ文具センター他店では順次発売。
下記、その他販売予定者等は12月15日ころを予定。

■発売時、販売予定小売店
ナガサワ文具センター各店 https://kobe-nagasawa.co.jp/
本八幡 ぷんぷく堂 http://www.punpukudo.jp/
ペーパーショップ be-on http://www.be-on-paper.com/
弊社ホームページ http://www.atasta.biz/
弊社ネットショップ http://slidetecho.ocnk.net/
アマゾン弊社ショップ


【株式会社あたぼうとは】
中小企業診断士である代表取締役の佐川が2009年に設立。東京を中心に、中小企業の経営コンサルティング、IT導入コンサルティング、研修講師等の事業展開をしている。その一方、時間管理や文房具業界を研究しており、その一環でスライド手帳や文房具の開発販売を行っている。

お問い合わせ先

【本件の連絡先】

株式会社あたぼう 代表取締役 佐川博樹
Tel 070-5567-8172 FAX 042-586-1214
e-mail atasta@sagawa.biz URL http://www.atasta.biz/
〒191-0052 東京都日野市東豊田1-53-16

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する