「人財育成プロジェクト(ひよこプロジェクト)」再開のご案内

株式会社ジーアンドエフ

投稿日:2015年4月16日

サービス分野: [ IT技術 ]

株式会社ジーアンドエフ(東京都新宿区/代表取締役 下前 雄)は、最低限のITリテラシーを保有する18~26歳の若者を対象に、ITインフラ・エンジニア育成プロジェクトを2015年7月より再スタートいたします。
2008年4月から2010年2月まで、約40名の研修生が第一次プロジェクトに参画、現在ではインフラSEとして活躍しています。研修後は、その先輩達の配下につき就労の予定です。

大手企業とは違う、当社独自の採用方法での挑戦。

大手企業と同様の(新卒採用など)方法では行いません。戦艦ヤマト(大企業)と筏(中小企業)では自ずと戦い方も違ってくるからです。例えば、就活のタイミングを逃してしまった…、高卒だから…、中退だから…、やる気はあるが経験がなく面接まで進めない…、フリターだから、アルバイトだから…等など、通常の採用ルートから外れてしまった人材を救い上げ育てるのが弊社の採用方法です。IT技術に関しては全くの未経験者で、かつ前職は問いません。求めるのは「やる気」と「元気」と「当社の考え方に賛同」して頂ける方。意欲と決意を望みます。

3ヶ月間の研修で、未経験者をITインフラ・エンジニアに育成。

研修(一部外部教育機関研修)は、人としての基礎力、ビジネスマナー、インフラ技術の基礎から各種機器やサーバ知識、LPICなどのベンダー認定資格取得まで行います。期間は3ヶ月。研修後即戦力となるITインフラ・エンジニアに育成します。

【背景】
IT業界は、慢性的なエンジニア不足に悩まされ続けています。急激なITインフラ網の拡大により、とりわけITインフラ・エンジニアの不足は深刻な問題となっています。
いまや既存のITインフラ・エンジニアでは需要をまかないきれません。そこで未経験者に、雇用契約による生活保障を施し、落ち着いた環境の中で各種研修による育成を目指します。それが安定したITインフラ・エンジニアの供給を行うために必要な道と考えました。

幸いなことに、既存クライアントに本プロジェクトのコラボレーションを提案したところ複数社よりご賛同を頂き、研修後の就労についても、既に本年度下期からの参画要請など具体的な形で進んでおります。

研修期間中にLPIC等の認定資格取得をすることが、各人の次ステップへの大きな自信につながり、クライアントのひとつの指標となりうると信じております。
若者達が将来の目標を見据え、自己の努力で「ITインフラ・エンジニア」へのステップを駆け上がっていくことが、会社の発展、ひいては社会への貢献にも繋がると確信します。
さらに、研修後は2年前後で一つの現場を卒業しキャリアアップを図ります。

【展開と特徴】
インターネットの利用や、ワード、エクセルの活用といった、最低限のITリテラシーを保有する18~26歳までの若者に募集後3ヶ月の研修を施し、LPIC等の認定資格取得を含めITインフラ・エンジニアとしてのスキル育成を行います。

1) 社会人研修は、社会人基礎力からビジネスマナーなど、他人とのコミュニケーション力の強化に重点を置き行います。
2) 技術研修は、前半コンピュータやインフラの基礎を学び、認定資格取得に向けての予備知識を習得。後半はサーバやネットワーク機器などの実機に触れることを第一に、実践で役立つよう繰り返し身につけられるまで訓練します。
3) 認定資格取得の研修は、外部教育機関に委託しより深いスキルを身に付けます。
4) 研修後は既存クライアントでの就労となります。

弊社は十数年に及び、企業業務システムのインフラ構築、運用、保守やアプリケーションの開発を中心に、大手企業と取引をしてきました。
過去の営業実績から学んだことを踏まえ、本年度15~20名の育成を目指します。

営業的には、弊社上級インフラ・エンジニアをリーダーとするチーム提案を軸に、開発系エンジニアとの連携による提案など、クライアントのニーズにお応えできるバリエーション豊かな提案を展開いたします。

【採 用】
社会の役に立ちたい、技術系に興味がある、大きいことがやってみたい、成功したい、正社員になりたい・・・こうした若者は数多く存在します。
・ 本年度15~20名の採用
・ 来年度50名の採用
・ 3ヵ月後の現場就労

【将来展望】
研修後は、インフラの運用・保守の仕事からスタートします。ひとつの現場で2年前後の経験を積み、徐々にキャリアアップをします。3つ目の現場に就労する頃にはITインフラ・エンジニアSEとしてのスキルが身につきます。
弊社の考える収入例は、年齢×1万円プラス1万円です。たとえば30歳なら31万円の月給が目標。前回の育成プロジェクトで、現在活躍しているほとんどのSEは、すでにその目標に達しており、それ以上の実績を持つ者も多数おります。
仕事への情熱、達成感、そしてそれに見合う収入を確保することも仕事をする上で大切な要素と考えます。
4~5年の経験を積めば、自分たちの部下となる若手の面倒を見ることになり、技術的な力、プラス社会人としてのリーダーシップも求められます。やがてはプロジェクトを先導するリーダーやマネージャーといった人材に育つことは間違いありません。

【関連URL】
インフラ・エンジニア「成功物語」 http://hiyoko.gandf.co.jp
当社の目指す技術者像 http://hiyoko.gandf.co.jp/mezasu.html
会社サイト http://www.gandf.co.jp
【会社情報】
株式会社ジーアンドエフ
東京都新宿区新宿5-18-12 Shinjuku-II
担当者:プロジェクトマネージャー 鈴木 祥徳
TEL.03-5292-3411 FAX.03-5292-3412
お問い合わせは info@gandf.co.jp
採用に関することは recruit@gandf.co.jp

お問い合わせ先

株式会社ジーアンドエフ
東京都新宿区新宿5-18-12 Shinjuku-II
担当者:プロジェクトマネージャー 鈴木 祥徳
採用サイト:http://hiyoko.gandf.co.jp
TEL.03-5292-3411 FAX.03-5292-3412
お問い合わせは info@gandf.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する