トラックのアイドリングストップエアコン発売開始

サービス分野: [ 環境・エネルギー・エコ ] [ 特殊技術・特許 ]

トラックのアイドリングストップエアコン発売開始

トラック車輌管理責任者様

大型トラックのアイドリングストップエアコン(冷暖房)
「エコミー」を販売開始いたしました。

トランスポートホーエイ株式会社は、家庭用エアコンをトラック
に搭載する特許を取得しております。特許取得後6年をかけて自
社車輌30台に家庭用エアコンを設置し、搭載ノウハウの蓄積と
経済性の確認を行ってまいりました。何よりも大切な安全性の確
認ができましたので、このたび市販を開始いたしました。

大型トラックのアイドリング時の課題である、CO2排出問題、
騒音問題、燃料費の問題を同時に解決いたします。

これまでアイドリングストップ支援機器は、後付け式のヒータか
冷房装置の選択肢しかありませんでした。「エコミー」は、その
両方を1台で解決する画期的な商品です。   
   
   

仕組みの概要(特許の概要)

1 家庭用エアコンの室内機を運転席に設置
2 室外機はトラックキャビン上又はトラックフレームに設置
3 エアコン専用のバッテリーをトラックフレームに設置
4 補助バッテリーからインバータを介して交流変換しエアコンを稼働
5 エンジン起動・停止で当該エアコンの自動停止・起動を制御
6 走行時の主バッテリー充電後の廃棄電力で補助バッテリーを充電

家庭用エアコンであるメリット
    
1 冷房・暖房の両方を同時に解決します
2 年間を通して利用期間が長いので、初期投資の回収が早くできます
3 これまでの畜令式冷房装置より圧倒的に長い稼働時間
  マイナス2度C程度の過酷な環境で連続8時間、
  春秋等の穏やかな環境下ではおおむね連続30時間
  バッテリーメンテナンスを指定通り行っていただいた場合、
  累計で約2800時間稼働を目安に、上記連続運転時間が
  維持できます。
4 これまでの後付け燃焼式ヒーターではできない温度調節機能
5 リモコンなど家庭用エアコンの快適操作そのまま

効果

1 大型トラックのアイドリングによるCO2排出をストップします。

2 ドライバーの仮眠や休憩、荷待ち時に、エンジンを止めた状
  態でエアコンが利用できます。運転手の負担であった住宅地
  の騒音問題解決と安眠環境を提供いたします。

3 アイドリング時の軽油の消費が無くなります。     
  車輌のアイドリング時間とアイドリング時の燃料消費が管理 
  されていれば、費用対効果は簡単に積算できます。
  中長距離でアイドリング時間が多い当社の場合は、おおむね 
  1年で搭載費用が回収できました。
 
概算費用

  搭載費用は、エアコン、バッテリー、バッテリーボックス、 
  部品、工事費込みで、45万で提供いたします。

今後の展開

  当社では「エコミー」が地球環境へ貢献し、ドライバーの負 
  担を軽減し、経済性へ貢献できることを確信しています。
  現状は自社整備工場だけでの対応になりますが、より多くの 
  皆様にご利用いただけるよう提携整備工場の拡充を計画して 
  います。又、車両台数が多く自社整備工場で搭載されたいと 
  いう要望にも対応いたします。
  

 
  お問い合わせは当社ホームページ 
  http://www.transport-hoei.co.jp/
  又は 担当 藤村 fujimura@transport-hoei.co.jp  迄

   ※※※   トランスポートホーエイ株式会社  ※※※

お問い合わせ先

お問い合わせは当社ホームページ 
  http://www.transport-hoei.co.jp/
  又は 担当 藤村 fujimura@transport-hoei.co.jp  迄

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する