株式会社アパレルウェブ

7月8日・9日開催決定!「テキスタイルネット展2016春夏」出展・協賛企業募集

#ものづくり #その他(テキスタイル 繊維)

7月8日・9日開催決定!「テキスタイルネット展2016春夏」出展・協賛企業募集
 株式会社アパレルウェブは、第6回目となる生地・副資材の合同展「テキスタイルネット展」を7月8日・9日の2日間、原宿・ラフォーレミュージアムにて開催いたします。開催決定に伴い、出展・協賛企業を以下の要綱にて募集いたします。 

 過去の出展企業様からは、「新規取引先から、具体的に発注したいというアポイントの依頼があった」「実際に企画を担当している若い担当者が多く来場していた」「多くのサンプル請求があった」などの喜びの声を頂いています。当社は、当展示会を通して、日本の技術力の高い繊維素材と日本のレベルの高いファッション・アパレル企業のビジネスマッチングを活性化させることで、企画・生産能力の維持・発展に貢献したいと考えております。

当展示会に出展いただける企業様には、当日の来場者との商談のほかに、テキスタイルネットサイトとメールマガジンにて、10,000件を超えるテキスタイルネット・バイヤー会員へのプロモーションが可能な他、口座開設をしていない新規取引先に対してテキスタイルネットの売掛決済サービスを利用して、新規取引先とのビジネスマッチングをサポートいたします。

 今回の「テキスタイルネット展 2016春夏」では、より質の高い合同展示会を目指し、繊維関連企業様:約30社のご出展、アパレルメーカー、デザイナー、クリエイターなど約2,000人の来場者を想定しています。繊維製品販売企業様の出展申込みをお待ちしております。

「テキスタイルネット展 2016春夏」出展概要 
※詳しくは http://www.textile-net.jp/exhibition/exhibitor.html をご覧ください。

■日時 
2015年7月8日(水)・9日(木) 11時~19時 ※9日(木)は17時半まで

■場所 
ラフォーレ原宿6F(ラフォーレミュージアム) 東京都渋谷区神宮前1-11-6

■出展料(1小間) 
 スタンダードブース  1小間 5.5平方メートル   24万円(税抜)
 ハーフブース     1小間 2.7平方メートル   12万円(税抜)

※出展料に含まれるもの
・ 基本什器  ・ ウェブサイトでの基本プロモーション  ・ 来場招待状(1社100枚)

■出展募集対象企業
繊維製品販売企業全般

※情報システム、IT、機械、決済サービス関連企業などに関しては、別途協賛メニューをご用意しておりますので、お問い合わせください。

【出展に関するお問合せ・お申込み】
株式会社アパレルウェブ 大阪支店 テキスタイルネットチーム
電話:06-6222-7328
http://www.textile-net.jp/exhibition/exhibitor.html

【お問い合わせ先】

【取材のお申し込み・リリースに関するお問合せ】
株式会社アパレルウェブ 広報担当 村上・扇谷(おうぎたに)
TEL:03-3662-4976  FAX:03-3662-4975 E-mail: murakami.tomomi@apparel-web.com

株式会社アパレルウェブのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。