国内回帰が進むニッポンのモノづくり現場で、製造系人材サービスの新たな価値提供

日総工産株式会社

投稿日:2015年2月3日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 教育・人材 ] [ コンサルティング ]

国内回帰が進むニッポンのモノづくり現場で、製造系人材サービスの新たな価値提供

製造系人材サービスや業務請負事業を提供している、日総工産株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:清水竜一、以下「日総工産」)が、創業44周年を迎える2015年2月3日より「NISSO STYLE(ニッソースタイル)」http://nissostyle.com/
を、オープン致しました。

 現在の製造系人材サービスを取り巻く社会情勢として、アベノミクス以降、全産業にて急激な人材の獲得難に陥いり、結果的に離職率が低下しておりますが、離職者が存在しなくなった訳ではなく、求職と求人のマッチングの問題が依然として存在します。
 また、日本国内の製造拠点は、2008年9月に起こったリーマンショックや急激な円高などが起因となり、海外移転の動きが活発になっておりました。しかし、ここ数年の円安傾向での為替リスクや海外製造の限界などもあり、今年に入り、国内回帰の決定をされた企業などの動きが見えてまいりました。

 これら市場環境を踏まえ、求職者と、日本の製造業の為に、双方の間に立つ当社が市場に提供できる価値の一つとして、2006年より今に至るまで繰り返されたネガティブな情報により、製造系の人材サービスに対して好意的や前向きでない感情を持たれている応募者に対し、通常の求人広告スペースだけでは伝えきれない『日総工産の素の姿』と『工場でのお仕事』を伝えるため、全国の日総工産拠点の情報を発信することにいたしました。
 これにより、応募に至るまで躊躇されていた方や、既に日総工産でご勤務されていらっしゃる方に、より理解を深めるきっかけの一つとして活用いただき、信頼を抱き、安心感を得ていただく一助となることを目指しております。就業前と就業後のギャップが少なくなり、働く方が安定的に業務に取り組んでいただくことにより、就業率が上がり、離職率が下がることは、地域社会にとっても、企業にとってもプラスになると考えております。

 グローバル化に伴う世界規模の変動の影響を受け、変化の激しい社会情勢が続く中、労働市場における需要(求人企業)と供給(求職者)の重要な仲介役を担う当社の役割と責任は、今後さらに重要度を増すと考えます。当社は、より多くの人々への多様な就業機会とキャリア形成の創出に向け、尽力してまいります。

お問い合わせ先

広報担当:神田 玲子
TEL:045-476-4121

 

日総工産株式会社によるその他のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する