クラウド型ITヘルプデスク管理ツール日本語サポート対応開始

ゾーホージャパン株式会社

投稿日:2015年1月20日

サービス分野: [ IT技術 ]

クラウド型ITヘルプデスク管理ツール日本語サポート対応開始

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、クラウド型ITヘルプデスク管理ツール「ManageEngine ServiceDesk Plus On-Demand(マネージエンジン サービスデスクプラス オンデマンド、以下、ServiceDesk Plus On-Demand)」の販売体制を強化し、日本国内での本格的な販売と日本語サポートサービスを、2015年1月20日より開始します。

ServiceDesk Plus On-Demandは、ITヘルプデスクへの問い合わせ管理を効率的に行うためのクラウドサービスです。例えば、IT部門と外部の協力会社との間での利用など、社内ネットワークへのアクセスを困難とする企業間での問い合わせ管理のニーズに適合します。また、問い合わせ管理のみならず、問題管理・変更管理・IT資産管理にも対応可能です。

【サービスの特長】
●煩雑な問い合わせ管理フローを整理
電話やメールなど様々なチャネルからITヘルプデスクに寄せられる問い合わせをServiceDesk Plus On-Demandに一元化します。これによりITヘルプデスク担当者ごとに属人化しやすい問い合わせの起票から回答までの対応フローを整理し、ITヘルプデスク内の運用を標準化できます。
また、問い合わせ内容に応じて自動的に担当者の割り当てや、期日の設定ができるので、担当者の見落としによる対応漏れや遅延防止に効果的です。

●ITヘルプデスクの状況を可視化
ITヘルプデスクのパフォーマンスを把握・分析するために役立つレポート生成機能を備えています。標準で100種類以上のレポートを用意しているほか、ウィザードを利用してレポートをカスタマイズできます。
さらに、レポートのスケジュール化による自動生成にも対応しており、社内外へ向けたITヘルプデスクの状況報告のための、レポート作成作業の簡略化に貢献します。

●優れた操作性でストレスのない運用を支援
直観的に操作できるユーザインターフェースを採用し、初めてITヘルプデスク管理ツールを導入する場合にも、既存のツールからの乗り換えの場合にも、特別なトレーニングを必要とせず、短期間でツール操作を習得できます。
 15言語の表示に対応しており、ServiceDesk Plus On-Demandの利用者ごとにメニューの表示言語を切り替えられるため、ITヘルプデスクを日本国外に設置している企業や、海外進出している企業などでも利用しやすいツールです。

【Editionとライセンス価格】
利用用途にあわせて3つのEditionから選択できます。
・Enterprise Edition:ITIL管理プロセスを取り入れたITサービスマネジメント
          の実現に適しています。
          《参考価格》年間ライセンス料 61.2万円から
・Professional Edition:ITヘルプデスク管理とIT資産管理を一元化します。
          《参考価格》年間ライセンス料 21.3万円から
・Standard Edition:シンプルなITヘルプデスク管理機能を備えています。
          《参考価格》年間ライセンス料 0円※
※Standard Editionの場合、保守サポートサービスのみの加入はできません。
保守サポートサービスにはProfessional/Enterprise Editionの購入が必要です。

お問い合わせ先

企業名:ゾーホージャパン株式会社
担当者名:平野萌子
TEL:045-319-4613
Email:jp-memarketing@zohocorp.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する