研究領域のナレッジシェアサービスA-Co-Labo(エコラボ)、研究に特化した調査サービスを提供開始

株式会社A-Co-Labo

投稿日:2022年7月26日

サービス分野: [ ものづくり ] [ コンサルティング ] [ マーケティング・リサーチ ]

研究領域のナレッジシェアサービスA-Co-Labo(エコラボ)、研究に特化した調査サービスを提供開始

現役研究者によるナレッジシェアサービスを運営する株式会社A-Co-Labo(本社:東京都港区、代表取締役:原田久美子 https://www.a-co-labo.co.jp/ )は、新規事業を進めるクライアント向けに、研究分野に特化した調査サービスの提供を開始いたしました。

自社での技術調査、従来の調査サービスの補強、新しい事業構想のサポートとして、研究者の知見を起点とし新規事業推進に貢献します。

【A-Co-Labo調査サービスのメリット】
1. 研究・社会経験のある専任コーディネーター
研究、社会経験のある専任コーディネーターが相談時から対応し、課題に適切な研究者のスクリーニングを行い調査を行います。研究、社会を経験したコーディネーターが窓口となることで、ビジネスと研究のコミュニケーションエラーを抑えます。

2. A-Co-Labo独自の審査登録制
A-Co-Laboの研究者登録は審査制です。登録前に研究者一人一人と面談を行っています。
文系・理系問わず、社会にスキルを活かしたいと考える若手研究者が多く登録しています。未来を担う研究者がリサーチャーとして、研究で培った知見を提供します。

3. 調査のその先もサポート
事業課題や予算に合わせた調査提案だけでなく、調査終了後に研究者がアドバイザーやプロジェクトメンバーとして参画することも可能です。調査だけで終わらない、その先のサポートを一気通貫で行います。


【A-Co-Labo調査サービスの背景】
プロダクトのライフサイクルが短い時代において、新しい研究・技術情報をスピード感を持って収集することが企業の持続的成長へ繋がる社会となっています。多くの企業において厳しい経営が迫られる中、技術や研究の情報収集は、通常の調査領域ではなかなかキャッチしづらいという課題がありました。また、相談先はあっても研究・技術課題が明確でないと相談が難しいという問題もありました。

両者の課題を解決するために、研究・社会経験のある専任コーディネーターが研究者を適切にフィットさせ、事業加速に貢献する「A-Co-Labo調査サービス」を立ちあげました。

A-Co-Laboは、研究・技術情報の獲得に悩む企業と、知見を活かしたい若手研究者を、「調査でつなぐハブ」となります。

【ご利用実績】
現在、製造メーカーを中心としてご利用いただいております。

【A-Co-Labo調査サービスをご活用いただきたい方】
・トレンドの技術や研究を調べたいが、何から調べていいかわからない
・新規プロジェクトの立ち上げ前に専門家の意見を聞きたい
・研究、技術部分の調査をしたい
・共同研究先を探しているが探しきれていない

【A-Co-Labo調査サービスの利用方法】
ご興味のある法人のみなさまは、以下URLのお問合せより、相談のお申し込みをお願いいたします。初回相談は無料となっておりますのでお気軽にお問合せください。
また、本サービスについてはお問合せよりご連絡ください。

【A-Co-Laboとは】
A-Co-Laboは、研究者のスキルや知見を発揮する場を増やすことを目的としたサービスです。
研究ナレッジシェアという連携でビジネスの現場に研究者とのタッチポイントを増やし、ビジネスと研究の連携を定着、拡大させ、ビジネスの目標到達に貢献します。

【A-Co-Labo サイト】
コーポレートページ https://www.a-co-labo.co.jp
企業向けページ   https://www.a-co-labo.co.jp/business
研究者向けページ  https://www.a-co-labo.co.jp/researcher

【会社概要】
会社名:株式会社A-Co-Labo (A-Co-Labo Inc.)
所在地:東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー15階
代表者:代表取締役 原田久美子
設立年月日:2020年10月1日
事業内容:
研究コンサルティングサービス
科学技術における調査業務
イベント、セミナーにおける企画運営
サイエンスコミュニケーション事業

お問い合わせ先

【A-Co-Laboに関するお問い合わせ】
 info@a-co-labo.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する