ありそうでなかった『全国ご当地雑煮食べ比べセット』商品化!

株式会社 お雑煮やさん

投稿日:2014年10月7日

サービス分野: [ 食品・食材 ]

ありそうでなかった『全国ご当地雑煮食べ比べセット』商品化!




株式会社お雑煮やさんは、これまで世の中になかった「お雑煮マーケット」を生み出すべく
「全国ご当地雑煮食べ比べセット」を歳暮・正月に合わせて発売。「博多・香川・京都・東京・岩手」の5種類セットを常温で3か月以上保存可能なレトルト加工でリリース。



<ありそうでなかった『全国ご当地雑煮食べ比べセット』商品化!>



 株式会社お雑煮やさん(本社/東京都品川区 代表取締役 粕谷浩子)は、これまで世の中にマーケットとしてなかった「お雑煮マーケット」を生み出すべく、第一弾として、「全国ご当地雑煮食べ比べセット」を歳暮・正月に合わせて発売します。


今回は、「博多のブリ雑煮」「香川のあん餅雑煮」「京都の白みそ雑煮」「東京雑煮」「岩手宮古のくるみ雑煮」の5種類をセットし、常温で3か月以上保存可能なレトルト加工でリリースします。お歳暮ギフトあるいは正月のエンターテイメントとして活用していただくべく開発中。


現在は、クラウドファンディングプラットフォーム・CAMPFIREにて、
「ZOUNIプロジェクト」実施中(9月30日~10月31日)。
 http://camp-fire.jp/projects/view/1262

プロジェクト終了後、11月1日にはオンラインショップにおいても、発売を開始します。
(http://zouni.jp)
5食セット3,500円(税抜)・10食セット6,000円(税抜)。
 
(予約販売・12月10日以降発送)
【背景】
お雑煮は、「正月限定のハレの日の家庭料理」という位置づけであったため、飲食店でもあまり提供されておらず、スーパーマーケット等での一般販売もされておらず、家庭の味として地域の食が今も受け継がれている稀有な料理である。
これまで、「ヨソんち」の雑煮に関しては、話だけは聞くことがあっても実食の機会がなかった。
また、現在は単身世帯の増加及び「おせち料理」を購入するご家庭が増えてきており、正月に雑煮を作って食べない家庭が6割にのぼるというデータもある。
「雑煮マーケット」はご当地雑煮のバリエーションがあまりにも多くありすぎて、「雑煮」として大手食品メーカーが参入しにくく、今まで存在しなかったと思われるが、今後需要が十分期待できる市場である。


【製品・サービスの概要】

「博多 ブリ雑煮」
「香川 あん餅雑煮」
「京都 白味噌雑煮」
「東京 東京雑煮」
「岩手 くるみ雑煮」

と個性豊かな5種類のご当地雑煮をセットし、食べ比べして楽しめる。
11月1日より、お雑煮研究所のオンラインショップで販売。
( http://zouni.jp )

価格 
3,500円(税別)  各1食×5 5食セット
6,000円(税別)  各2食×5 10食セット
※どちらもご当地雑煮の背景を楽しめる小冊子つき
 

<3つの特長>
1:今まで食べたことがなかった全国各地のご当地雑煮が楽しめる。
2:お歳暮ギフトや正月のエンターテイメントとして老若男女問わず喜ばれて最適。
3:レトルト加工のため、常温保存がきき、海外の方への正月ギフトにも喜ばれる。



【株式会社お雑煮やさんについて】

本社:〒140-0015 東京都品川区西大井1-1-2 Jタワー西大井 イーストタワー206
代表者:代表取締役 粕谷浩子
設立:2014年7月22日
資本金:300万円
Tel&Fax:03-6303-8747
URL:http://www.zouni.jp
事業内容:お雑煮の製造・販売


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社 お雑煮やさん
広報担当 吉田ひろみ
TEL&FAX  03-6303-8747
E-mail info@zouni.jp

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社 お雑煮やさん
広報担当 吉田ひろみ
TEL&FAX  03-6303-8747
E-mail info@zouni.jp

 

株式会社 お雑煮やさんによるその他のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する