Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.

サイズと予測によるアクリル加工助剤市場調査レポート2022-2031

#マーケティング・リサーチ

サイズと予測によるアクリル加工助剤市場調査レポート2022-2031
アクリル加工助剤市場は、2022年に約1,222億米ドルの市場価値から、2031年までに約5,730億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に24.70%のCAGRで成長すると予想されています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-110295

アクリル加工助剤は、押出成形または射出成形用のポリマーコンパウンド、特にポリ塩化ビニル(PVC)の性能を向上させるために使用されます。PVCは、ガラス、紙、金属、セラミックなどの従来の材料と比較して、他の特性の中でもとりわけ、優れた電気的、機械的、化学的耐性、耐摩耗性を備えています。アクリル加工助剤は、建設および自動車産業のPVC用途のプラスチックに広く使用されています。絶え間ない革新と多くの用途でのより軽い材料の必要性は、これらの従来の材料をプラスチックに置き換えることを促進しています。

様々な企業は、PVCの製造工程でアクリル加工助剤を使用しています。これは、生産量の増加、溶融の高速化、溶融強度と弾性の向上を実現するためです。アクリル加工助剤は、その費用対効果と高品質の製品を提供するための特性のために広く使用されています。plasticisers.orgによると、PVCはリサイクルに適しています。欧州のPVC業界は、VinylPlusのイニシアチブを通じて、PVCバリューチェーン全体の長期的な持続可能性フレームワークを構築しています。それはそのライフサイクル全体を通してPVCの効率的な使用のために働きます。さらに、2031年までに、VinylPlusは年間最低100万トンをリサイクルすることを約束しました。また、プラスチック業界の主要企業は、市場での成長を後押しするために、PVCの品質の向上に取り組んでいます。これらの要因は、予測期間中にアクリル加工助剤市場の成長を推進しています。

しかし、資本不足による中小企業の研究開発費の低さは、2022ー2031年の予測期間中にアクリル加工助剤市場の成長を抑制する可能性があります。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-acrylic-processing-aid-market/192

アクリル加工助剤市場セグメント

アクリル加工助剤市場は、ポリマータイプ別(PVC、その他)、製造プロセス別(押出成形、射出成形、その他)、最終用途産業別(建築と建設、包装、自動車、消費財、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

アクリル加工助剤市場の地域概要

北米地域は、予測期間中にアクリル加工助剤市場を支配すると予想されます。これは、この地域の自動車および包装業界からのアプリケーションの増加によるものです。一方、アジア太平洋地域のアクリル加工助剤市場は、2022ー2031年の予測期間中に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されています。いくつかの最終用途産業からの投資レベルの上昇、および中産階級の人口による支出レベルの上昇などの要因が、アジア太平洋地域のアクリル加工助剤市場の成長を促進すると予想されます。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-110295

アクリル加工助剤市場の主要なキープレーヤー

アクリル加工助剤市場の主要なキープレーヤーには、Mitsubishi Chemical Corporation、Arkema SA、Shandong Ruifeng Chemical Co. Ltd.、Akdeniz Chemson、The Down Chemical Company、BrightVolt.、Kaneka Corporation、WSD Chemical Limited、Indofil Industries Limited、Novista Groupなどがあります。この調査には、アクリル加工助剤市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

【お問い合わせ先】

お問い合わせ

宮津ひな
15 / Fセルリアンタワー、26-1桜丘町、
150-8512、東京
メール:sales@sdki.jp
Tel:+ 81 50 50509159

Shibuya Data Kunte (SDKi) Inc.のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。