株式会社エーディーディー

論文、研究レポートで文書比較は必須です。

#IT技術

論文、研究レポートで文書比較は必須です。
株式会社エーディーディー(京都市)は、このたび、文書ファイルの比較を容易に実現する、ファイル比較ソフトの『Diff Doc』を販売する運びとなりました。

【商品・サービス名】
ファイル比較ソフトの『Diff Doc』

【内容】
「Diff Doc」(ディフドック) は Word など2つのファイルを比較し、違いを検出することができるソフトウェアです。

<無料試用版>
無料使用版は下記 URL からダウンロードしていただけます。
http://DiffDoc.add-soft.jp/download/


■「Diff Doc」 の特徴
==================================
テキストファイル(.txt)を比較するツールは数多く存在しますが、「Diff Doc」 は Word やPDF、Excel などその他のファイルを比較できる数少ないファイル比較ソフトウェアです。
対応しているファイルフォーマットは、Microsoft Word ファイル、Excel ファイル、PowerPoint ファイル、PDF ファイル、RTF、テキスト、HTML、XML です。
さらに、Word と PDF といった異なるファイルの比較も可能です。

比較結果については文字の色を変えて表示しますので一目瞭然です。
また比較結果を HTML、Wordファイル、テキストなどの形式で出力する機能を備えております。


■「Diff Doc」 の使用例
==================================
(1)契約書などの書類の比較
契約書などの書面を更新する場合に、相手側で契約書の内容を一部変更された時、その変更点以外に変更箇所がないかは、全ての文面に目を通す必要があります。
こういった場合に Diff Doc をご利用いただきますと、変更点がすぐに明確になるだけでなく、その他は変更されていないことが分かります。

(2)データの比較
研究や開発部署などで Excel ファイルに入力された、大量の検査値を比較するためにご利用いただくこともできます。

(3)システムへの導入
Diff Doc をシステムに組み込んでいただくことも可能です。
例えば、Web ベースの文書管理システムであれば、文書を比較する機能に Diff Doc を利用していただき、比較結果を HTML で出力し、ブラウザに表示させることが出来ます。


----------------------------------------
販売元:株式会社エーディーディー

製品ホームページ:

http://DiffDoc.add-soft.jp/
----------------------------------------

【お問い合わせ先】

株式会社エーディーディー
Sales-Support@add-soft.jp

株式会社エーディーディーのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。