シェアハウス生まれの会社SUECCO、逗子駅前にて6月10日にカフェをオープン

株式会社SUECCO

投稿日:2014年5月13日

サービス分野: [ ものづくり ]

シェアハウス生まれの会社SUECCO、逗子駅前にて6月10日にカフェをオープン

--------------------------------------------------------------------------------
シェアハウス生まれの自由気ままなモノづくり集団
「SUECCO」のカフェ、ついに常設!

「シェアハウスのラウンジみたいな空間を、街の中にもつくりたい」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
6月10日(火)、逗子駅前(魚佐次ビル3階)に
「SUECCO CAFE 〜おいしいごはん〜」がオープン
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

神奈川県の市として高齢化率2位の逗子市から、若者へ隠れた魅力を発信
---------------------------------------------------------------------------------

 逗子市新宿のシェアハウスを拠点に活動する自由気ままなモノづくり集団、株式会社SUECCO(読み方:スエッコ、代表取締役:木村洋仁)は来たる2014年6月10日(火)、逗子駅前の魚佐次ビル(神奈川県逗子市逗子2-6-31)、3階に「SUECCO CAFE(スエッコ カフェ)〜おいしいごはん〜」をオープンします。
 
 もともとは2012年、横浜・青葉台のシェアハウスで、住人が料理やデザインなど各自の得意分野を持ち寄り、1日限定のカフェイベントを開催したのをきっかけに生まれたSUECCO CAFE。昨年も第2回目となる1日カフェイベントを開催し、本年ついに常設する運びとなりました。
 
 シェアハウスのラウンジで住人の雑談から生まれた会社であるSUECCOは、「シェアハウスのラウンジで生まれるような人とのつながりや面白さ」を、住人だけでなく地域の方々とも共有できるような空間をつくっていきたいと考えています。
 
 常設となる 「SUECCO CAFE」のコンセプトは、『おいしいごはんと、のびのびした空間〜それぞれがゆったりと自分らしい時間を過ごせる場所〜』。多種多様なライフスタイルを応援するSUECCOのビジョンはもちろん、「手作りの食事を味わえて、一人でも子ども連れでもゆっくりと過ごせるような場所が現在の逗子駅周辺には少ない」という声にも応えたいとするものです。また、モノづくりをする方の拠点ともなれるよう、ワークショップの開催や、展示、物販なども行っていく予定です。
 
■高齢化のすすむ逗子市へ若者呼び込むきっかけにも
 平成25年の神奈川県年齢別人口統計調査によると、逗子市は65歳以上が29.3%と、神奈川県の市としては第2位の高齢化率。一方で、すでに逗子にはクリエイティブな活動をしている人々も多く、また豊かな自然環境から、都心の若者にとっても魅力的な環境があることはあまり知られていません。昨年6月より逗子に拠点を移したSUECCOでは、逗子に住んでいる方が魅力を再発見するきっかけとなり、また外の地域の方々には新しく逗子の魅力を伝えていけるような活動を展開していきたいと構想しています。カフェの詳細、会社概要等は下記をご参照ください。
 
 
 
------------------------------
【SUECCO CAFE 〜おいしいごはん〜】 

■テーマ / 思い
おいしいごはんと、のびのびした空間
〜それぞれがゆったりと自分らしい時間を過ごせる場所〜

◎SUECCOが生まれたきっかけでもある「シェアハウスのラウンジで生まれるような人とのつながりや面白さ」を、住人だけでなく地域の方々とも共有できるような空間をつくりたい

◎逗子駅周辺にはファストフード店や居酒屋は多数あるが、「手作りの食事を味わえて、一人でも子ども連れでもゆっくりと過ごせるような場所」が少ない
  → 逗子に住んでいる方々にこれを叶える場を提供したい


■特徴
●おいしいごはん: 
人が集う空間とは…?を考えて行きついた、「おいしいごはんがある空間」。メインのおかずに小鉢を添えた定食をベースに、昼も夜も、しっかりごはんが食べられるカフェ。1階「魚佐次」の地元鮮魚や、神奈川ゆかりのお酒もご用意。

●メンバーの作品を展示・販売/店内のテーブル等の一部をメンバーが制作/ワークショップ開催: 
店内に配置する一部のテーブルやドアの扉はSUECCOメンバーが制作。またメンバーの作っている製品を店内でも展示・販売します。他にもモノづくりをする方々の拠点になれるよう、ワークショップなどの開催も予定しています。

●電源席、Wifi設置:
シェアハウスのラウンジのように、寛ぎたい人は寛ぎ、仕事をしたい人は仕事ができる環境を。電源・Wifi完備の環境は逗子駅周辺になく、要望の声も。「働く」と「暮らし」の枠を飛び越えるSUECCOのライフスタイルのベースです。


■店舗情報:
店名:SUECCO CAFE(スエッコ カフェ)〜おいしいごはん〜
住所:〒249-0006 神奈川県逗子市逗子2-6-31魚佐次ビル3階
アクセス:JR横須賀線 逗子駅 徒歩1分、京浜急行電鉄逗子線 新逗子駅 徒歩3分
営業時間:
【ランチ】 11:00~15:00(L.O.14:30) 
【カフェ】 15:00〜17:30 
【ディナー】 17:30~23:00(L.O.22:30)
URL:http://suecco.com 
※電話番号、定休日は未定。決まり次第こちらのホームページ内に掲載します。


■株式会社SUECCOについて
SUECCOは、横浜市青葉区のシェアハウスで偶然出会った住人同士がWeb、インテリア、ファッション、家具、執筆など多種多様な得意分野を持っていたことから、各自の得意分野・やりたいことを持ち寄って生まれたモノづくり集団です。現在は逗子のシェアハウスを拠点に、メンバーの異なる視点と技を活かしながら、Webサイトの企画・制作からオリジナル商品の企画・販売、カフェの企画・運営、メディア運営など、領域にとらわれないモノ・コトづくりを行っています。詳しくはHP(http://suecco.com)およびFacebookページ(https://www.facebook.com/suecco.suecco)をご覧ください。

お問い合わせ先

株式会社SUECCO 広報担当:渡邉 
E-mail: info@suecco.com / TEL: 080-4868-1697

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する