ワタベウェディング株式会社

ワタベウェディングが「エンゲージメント・プロジェクト」に参画

#冠婚葬祭

ワタベウェディングが「エンゲージメント・プロジェクト」に参画
NEWS LETTER
2014年4月16日                                
ワタベウェディング株式会社


ワタベウェディングが「エンゲージメント・プロジェクト」に参画
2013年度収益金の一部を5団体に寄付

 
ワタベウェディング株式会社【本社:京都府京都市、資本金41億7,637万2,000円、東証第一部上場、代表取締役 花房伸晃】は、リクルートブライダル総研が主催する「エンゲージメント・プロジェクト」に参画しております。この度、2013年度の収益金の寄付報告が特設サイトで発表され、ハタチ基金、社会福祉法人 日本点字図書館、NPO法人 さくら並木ネットワーク、ジョイセフ、国境なき医師団の5団体への寄付を行いました。
「エンゲージメント・プロジェクト」は、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営するリクルートブライダル総研が、人との結びつきを言葉とカタチにすることの大切さを伝え、「精神的な豊かさの溢れる社会づくり」を応援し、「エンゲージメント」をキーワードにした新しい「絆」消費マーケットの活性を図る目的として2012年12月に設立されました。株式会社三越伊勢丹、結婚情報誌『ゼクシィ』、一般社団法人日本ジュエリー協会の協力のもと、チャリティアイテム「mus.hi-mo(むすひも)」の配布や7月7日エンゲージメントデーの設立、啓蒙活動などを実施しております。
当社は、1953年の創業以来、“人と人のつながり”を大事に、婚礼を通じて大切な人へ感謝の想いを伝え、また、かけがえのない思い出となるべく常に新しい挙式スタイルをお客様に提供しております。2012年からは、家族とのリゾート挙式、国内でのお披露目会の両方をご提案する「リゾ婚ハート」という新コンセプトを立ち上げ、大切な人との絆づくりのお手伝いをして参りました。
今回は、本プロジェクトのコンセプトである“エンゲージメント=未来に向けた人と人とのつながり”に共感し、オフィシャルサポーターとして参画いたしました。今後も、“家族の絆づくり、かけがえのない思い出づくり”を大事にする企業としてプロジェクト活
動に協力してまいります。

◆エンゲージメント・プロジェクト2013収益寄付報告(2014年4月報告)
URL:http://egmt.net/connect/mushimo-contribution.html

【お問い合わせ先】

ワタベウェディング株式会社 広報担当:飯村(080-6172-5684)
TEL. 03-5202-4133 FAX. 03-5202-4144 E-Mail:public@watabe-wedding.co.jp
ホームページ:http://www.watabe-wedding.co.jp/press/ 【画像ダウンロードできます】

ワタベウェディング株式会社のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。