アテイン株式会社

PAL編集サービス、PAL変換サービス

#生活関連技術 #IT技術 #海外・グローバル

PAL編集サービス、PAL変換サービス
映像制作、eラーニングサービスなど、IT関連サービスを展開するアテイン株式会社(本社:東京都千代田区、電話:03-3255-4721、代表本多成人、資本金1億1470万円)は、海外放送規格(PAL)の編集サービスを4月20日から開始する。

特徴
海外(主にヨーロッパや中国・南米の一部など)の映像放送形式であるPAL形式の映像を日本国内等の映像放送形式であるNTSC形式の映像に、または、その逆も含め既存の映像の放送形式を変換するサービスを従来行ってきたが、PALの編集サービスも行う。
映像は撮影時の機材等の設定により、映像の形式が制作の段階で決定される為、そのまま国外へ持ち出して再生しただけでは視聴不可能な場合が生じる。そういった映像を、各国に対応した放送形式に編集することで、放送形式が違う国でも同じ映像を視聴することが可能になる。

仕様
撮影した映像をPAL形式の編集を行う
PAL形式の映像をNTSC形式に変換
NTSC形式の映像をPAL形式に変換
 入稿は業務用テープ(DV-CAM、Digitalデータ等)
 変換したデータは改めて別の業務用データに出力して納品

価格
PAL編集
http://www.attainj.co.jp/ja/mov/mvot.html
PALからNTSCに変換(DVCAMメディアPALからDVCAMメディアNTSC)
30分 1本 30,000円(税別)~(テープ代は別途)

説明1
変換サービス
入稿メディアは業務用テープ ※DVD、デジタルデータ等は、業務用テープにデータをコピーしてから変換作業致します(PALからNTSCに変換する場合は、入稿メディアを業務用テープに限らせていただいております)。
  その際、別途コピー代が発生することがあります。
納品メディアもご指定頂く事が可能です。
 ※御希望のメディアをお持ちの場合はご支給頂くことも可能です。

説明2
入稿メディアの映像総尺により料金が変動致します。

説明3
PALからNTSCへ、NTSCからPALへ、どちらでも変換可能です。

説明4
変換後の映像をオーサリングしてDVD化することも可能です。
オーサリングデータはプレスマスターとして量産の際にご利用頂けます。

このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 担当 大部剛 info@attainj.co.jp
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル
http://www.attainj.co.jp 電話 03-3255-4721

【お問い合わせ先】

このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 担当 大部剛 info@attainj.co.jp
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル
http://www.attainj.co.jp 電話 03-3255-4721

アテイン株式会社のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。