激辛スパイス本舗、世界一辛い香辛料を 国内唯一販売開始

株式会社ネットショップ総研

投稿日:2014年3月6日

サービス分野: [ 食品・食材 ] [ エンターテイメント ]

激辛スパイス本舗、世界一辛い香辛料を 国内唯一販売開始

報道関係者各位
プレスリリース

2014年3月6日
激辛スパイス本舗

EC支援企業、株式会社ネットショップ総研代表、長山衛(所在地:東京都葛飾区)が監修する激辛香辛料専門店「激辛スパイス本舗」(運営責任者:小嶺直樹)が世界一辛い香辛料マッドドッグ プルトニウム(Mad Dog Plutonium)の販売を始めました。現存する国内販路は他になく、当店のみで購入頂けます。
背景には同社の強みの一つである食品EC分野において、よりマニアックな顧客のニーズにも応え、より良い食品ECの発展を目的とします。
■屋号
激辛スパイス本舗

■企業URL
http://extremespice.shopselect.net/

■該当商品
マッドドッグ プルトニウム(900万スコビル値)
http://extremespice.shopselect.net/items/335895



■詳細説明
海外には恐ろしく辛い香辛料があるのはご存じだろうか。日本国内の香辛料は一味唐辛子やタバスコ等がよく知られているが、タバスコの辛さは約2000スコビルとされている。因みにスコビルとは辛さの単位で、2000スコビルとは水で2000倍に希釈すると辛さが感じられなくなるという意味だ。

では海外にはどれほど辛い香辛料があるのか。比較的認知度の高いデスソースの中でも最も辛いウルトラデスで約100万スコビル。直で舐めたら舌に痛みを感じて悶絶するだろう。しかしこの程度はまだ序の口。ザ・ソース(The Source)という香辛料はご存じだろうか。

このソースのスコビル値は何と710万。ウルトラデスの約7倍の辛さだ。そのまま舐めるのは危険極まりないので絶対に避けるべきである。皮膚に触れると軽い炎症を起こし、痛みがなかなか退かない危険な代物だ。ソースとは言ってもかなり粘度が高くドロドロなのが特徴だ。

このザ・ソースが長年世界一辛いソースに君臨して来たのだが、昨年このソースを上回る辛さの香辛料が発売された。それがマッドドッグ プルトニウム(Mad Dog Plutonium)だ。その辛さはあのザ・ソースを約200万スコビル上回る900万スコビルと言うから驚きだ。成分はほぼ純粋なカプサイシンで、液状ではなく結晶に近い。雑味も少ないので料理の味を壊す事無く激辛に出来るのが売りだ。しかし入れ過ぎには要注意。辛くし過ぎて食べられなくなったら本末転倒だ。

このマッドドッグ プルトニウムを日本で唯一販売しているのが激辛香辛料の専門店「激辛スパイス本舗」だ。

その他の激辛ソースも多数揃っているのでいきなりプルトニウムに挑戦するのではなく、自分に合った辛さのソースから楽しむことをお勧めする。これまでに味わった事の無い非日常な辛さを身近に置くことによって、平凡な生活に劇的な変化を起こしてみるのも面白いだろう。

お問い合わせ先

[リリースの問い合わせ先]
激辛スパイス本舗
東京都葛飾区新小岩3-14-4
担当:小嶺
komine@netshop-soken.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する