ビジョンから出発するデザインへ

simply design

投稿日:2014年2月6日

サービス分野: [ ものづくり ] [ コンサルティング ] [ その他(デザイン) ]

ビジョンから出発するデザインへ

ビジョンから出発するデザインへ ~市場のニーズからつくるのではない、これからの子ども製品開発アプローチ~

2014年3月13日(木)14:30~16:30
場所:目黒区消費生活センター(研修室) JR山手線・東急目黒線 東急目黒線 目黒駅より徒歩10分


現在、子ども関連事業の市場が拡大し続ける中で、多くの企業は子ども目線のものづくりに取り組んでいます。
実際に子ども製品を扱う店に行くと「楽しく遊ぶ・学ぶ」ことを主眼に置いた玩具や、子どもの成長に合わせた家具など、目移りしてしまう程の種類の商品が陳列されていますが、 それらをよく見比べてみると、似ている商品も多くあることに気がつくのではないでしょうか。

「もっと安く!便利に!手軽に!」消費者の要望に応えるかたちで企業は商品を作り続けてきました。
しかし、その結果、社会に生み出された価値とは一体何でしょう。

また、子どもにとって本当に必要なものは生みだされているのでしょうか。保護者(市場)が子どものために欲しいと思うもの=子どもに必要なもの」と考えてはいないでしょうか。

今の社会において、過去の常識や経験に当てはめて考えることは、もはや唯一の正解ではありません。
「ニーズに応える」から「価値を創り出す」へ。
何が正解か分からないからこそ、「合わせる」のではなく、人や企業がぶれないビジョンと軸を持ち、 まだ見ぬ未来を想像しながら、社会との関係性の中で新たな価値を創り出していく。
これが、これからの時代を切り開いていくために必要であり大切であると考えます。

本セミナーでは、子ども製品を取り巻く現状から「子ども目線のものづくり」に隠れている 問題の本質を探り、その解決の方向性や方法をレクチャー+ワークショップ形式で学びます。


住所:目黒区目黒2-4-36(目黒区民センター1階) 
電話:03-3711-1133 *セミナー内容に関するお問い合わせはご遠慮ください。 
費用:3000円 *申込受付後、事前に指定銀行口座へのお振込をお願い致します。  定員:20名
対象:子ども向けの製品を企画・開発している企業の方、子どもを対象に事業を行っている企業の方、マーケティングやR&Dを担当している方、保育/教育関係者、学校関係者など   
申込:次の4つの事項をご記入の上、右記までお申し込み下さい。simplydesign@live.jp  折り返し、振込口座のご連絡を致します。①お名前 ②会社(団体)名 ③担当部署名/役職名 ④ご連絡先(電話番号、メールアドレス)    

講師:兼子聡子(simply design)
都内デザイン事務所のCommunication Managementを担当し 様々なデザイン・プロジェクトに従事。その後保育士として社会福祉法人に4年間勤務。 現在「子どもの学びの環境をデザインする」ことを軸に、大人を対象としたセミナー開催、企業等のプロジェクトに参画するなどの事業を行う。

お問い合わせ先

simplydesign@live.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する